角川文庫

火の鳥11 太陽編(中)

漫画の神様・手塚治虫が最後に描いた「火の鳥」。充実の新装版第11巻!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041066409

角川文庫

火の鳥11 太陽編(中)

漫画の神様・手塚治虫が最後に描いた「火の鳥」。充実の新装版第11巻!

  • 著者 手塚 治虫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041066409

漫画の神様・手塚治虫が最後に描いた「火の鳥」。充実の新装版第11巻!

倭国でハリマは犬上姓と領地を与えられ、つかの間の安住の場所を得る。
一方、「影」のスグルは命令で「光」国にスパイとして潜入する。
「光」のシンボル「火の鳥」を奪うためだ。
姉になりすまし果敢に戦うが失敗、囚われの身に。
そこで待ち受けていたのは、恐ろしい”洗脳”の教育システムだった。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「火の鳥11 太陽編(中)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 現実世界では、大海人皇子の吉野隠遁、天智天皇死去、緊迫する近江と吉野の情勢。一方、天上界では地元の神々とその神々を排除しようとする渡来仏族との対立。さらに、未来世界での地上の「光」一族と地下組織の「影 現実世界では、大海人皇子の吉野隠遁、天智天皇死去、緊迫する近江と吉野の情勢。一方、天上界では地元の神々とその神々を排除しようとする渡来仏族との対立。さらに、未来世界での地上の「光」一族と地下組織の「影」との権力争い。物語は3重構造で複雑に進んでいきます。それにしても、第3巻の八尾比丘尼伝説とも繋がるとは、手塚先生の巧みなストーリー展開には、今更ながら驚きました。果たして、現実世界と未来世界の話が、どのように繋がっていくのか次巻が楽しみです。 …続きを読む
    キック
    2018年12月22日
    54人がナイス!しています
  • 過去と未来を行ったり来たりのスケールがデカすぎる話。権力と結びついた仏教と、日本の土着の宗教の争いがメイン。仏教に圧迫された土着の神々に味方する犬面の犬上の冒険譚。今回やられているのは土着の神々だけど 過去と未来を行ったり来たりのスケールがデカすぎる話。権力と結びついた仏教と、日本の土着の宗教の争いがメイン。仏教に圧迫された土着の神々に味方する犬面の犬上の冒険譚。今回やられているのは土着の神々だけども、明治になったら廃仏毀釈で仏教がやられるのよね。宗教って不毛だなぁと思う。 …続きを読む
    くろまによん
    2018年11月28日
    4人がナイス!しています
  • 仏教は宗教ではなく、政治なのだ。 わかっていた気になっていたけれど、 このように物語として描かれると、 なぜ仏教が国家を強くしていく上で必要だったかがわかる。 仏教は宗教ではなく、政治なのだ。 わかっていた気になっていたけれど、 このように物語として描かれると、 なぜ仏教が国家を強くしていく上で必要だったかがわかる。
    ベル
    2019年02月17日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品