試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041065891

  • 著者 赤川 次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041065891

見よ、これが赤川次郎だ。極限下の人々の恐怖を描くパニック小説の傑作。

突如、激しい大地震に襲われた「町」。
新興住宅地の道路が遮断され、十五軒の家が完全に孤立した。
日が暮れ、月も星もない完全な闇が町を支配する。
閉鎖された極限状況の中、人々の精神状態は悪化していく。
その闇の中で、人間ではない何かが人々を狙っている。
一人、また一人、犠牲者が……。
極限下の人間の恐怖、混乱、死、そして強さを、
サスペンス色豊かに描くパニック小説の傑作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 一気読みの一冊。舞台は大地震に襲われ、道路は遮断され完全に孤立した町。その町の人々が襲われる恐怖を描いた物語。これはまさに夜に読むのに相応しい一気読みの世界。暗闇に光る赤い目の正体、グロテスクな犠牲者 一気読みの一冊。舞台は大地震に襲われ、道路は遮断され完全に孤立した町。その町の人々が襲われる恐怖を描いた物語。これはまさに夜に読むのに相応しい一気読みの世界。暗闇に光る赤い目の正体、グロテスクな犠牲者の姿、想像するだけで恐怖が。でも赤川さんが随所にチカラが抜けるようなシーンを盛り込ませてくれている。そのおかげで適度に気が和む、この緩急が良かったな。極限状態、パニックから次第に冷静に、徐々に団結していく姿、浮かぶ数々の知恵も読みどころの一つ。赤い目の正体…余韻を残すところも良かった。 …続きを読む
    ちょろこ
    2020年06月25日
    121人がナイス!しています
  • 地震で孤立した新興住宅地での群像劇。助けを求めに行く側と助けを待つ側。残された住民は団結していくが…。赤川さんらしい軽妙さも入ったホラー仕立てのパニックサスペンス。それにしても桂子は悪運強いな。中川の 地震で孤立した新興住宅地での群像劇。助けを求めに行く側と助けを待つ側。残された住民は団結していくが…。赤川さんらしい軽妙さも入ったホラー仕立てのパニックサスペンス。それにしても桂子は悪運強いな。中川の潔さに感服。闇の中の赤い目の恐怖。タイトルがぴったりな作品。 …続きを読む
    ままこ 🍏
    2020年07月03日
    91人がナイス!しています
  • 【再読】大地震で唯一の交通路である橋が崩落し孤立する小さな新興住宅地。生き残った住民は1ヶ所に集まって救助を待つが、得体の知れない巨大な猛獣に一人また一人と襲われて行く···。学生時代に乱読した赤川作 【再読】大地震で唯一の交通路である橋が崩落し孤立する小さな新興住宅地。生き残った住民は1ヶ所に集まって救助を待つが、得体の知れない巨大な猛獣に一人また一人と襲われて行く···。学生時代に乱読した赤川作品のほとんどは覚えていませんが(先生ゴメン!)、これは強烈な恐怖ゆえ鮮明に覚えてました。殺戮を楽しんでるかのような猛獣の赤い目が音も無く近づく度に背筋が凍ります。更に悪意のある住民もいて展開を読ませません。そんな緊迫状態の中での一夜のロマンスや、幼いみゆきちゃんの言動が印象的。個人的には赤川作品No.1です! …続きを読む
    ポップノア
    2020年06月16日
    90人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品