角川文庫

東田くん、どう思う? 自閉症者と精神科医の往復書簡

自閉症作家・東田直樹×精神科医・山登敬之。診察室では、できない対話!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041065167
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

東田くん、どう思う? 自閉症者と精神科医の往復書簡

自閉症作家・東田直樹×精神科医・山登敬之。診察室では、できない対話!

  • 著者 東田 直樹
  • 著者 山登 敬之
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041065167

自閉症作家・東田直樹×精神科医・山登敬之。診察室では、できない対話!

自閉症の当事者である〈東田くん〉と、精神科医である〈山登先生〉が約二年半にわたり交わした往復書簡。発達障害や支援についての話題から、記憶や生き方、嘘や愛についてなどの哲学的なテーマまで――時に飛び出る東田くんの革新的な意見に、山登先生も「こりゃ驚いた!」。診察室ではできない率直でスリリングな掛け合いから生まれる発見の数々。生きづらさを抱える全ての人へ伝えたい。『社会の中で居場所をつくる』を改題。

メディアミックス情報

NEWS

「東田くん、どう思う? 自閉症者と精神科医の往復書簡」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  •  東田さんは、ゼロから考え抜く力が凄く、襟を正される感覚があった。  アマラとカマラの例のとおり、「人は人になる」のであり、「人マジョリティ」という見方から、人の在り方の多様性について考えたい。  東田さんは、ゼロから考え抜く力が凄く、襟を正される感覚があった。  アマラとカマラの例のとおり、「人は人になる」のであり、「人マジョリティ」という見方から、人の在り方の多様性について考えたい。
    ばんだねいっぺい
    2019年02月28日
    25人がナイス!しています
  • ★★★☆☆ ★★★☆☆
    2019年04月05日
    8人がナイス!しています
  • 毎度毎度、東田氏の視点の鋭さには驚かされる。「そうそう、そうなんだよね」と何度頷かされることか。マジョリティと違うことを理由に区別されるのは、単にマジョリティ側の都合であって、マイノリティ側とされる個 毎度毎度、東田氏の視点の鋭さには驚かされる。「そうそう、そうなんだよね」と何度頷かされることか。マジョリティと違うことを理由に区別されるのは、単にマジョリティ側の都合であって、マイノリティ側とされる個々人にとっては不都合だったり無関係だったりするのだ。レッテルを貼ってひとくくりにしてわかった気になるのは、マジョリティに属する(と思っている)人達のおごりと怠慢なのではないだろうか、と考えた。 …続きを読む
    Hatsumi Sakoda
    2019年05月21日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品