角川文庫

過ぎ去りし王国の城

誰の心にも、自分だけの城がきっとある――。宮部みゆきエンタメ渾身作!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041064344

角川文庫

過ぎ去りし王国の城

誰の心にも、自分だけの城がきっとある――。宮部みゆきエンタメ渾身作!

  • 著者 宮部 みゆき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041064344

誰の心にも、自分だけの城がきっとある――。宮部みゆきエンタメ渾身作!

早々に進学先も決まった中学三年の二月、ひょんなことから中世ヨーロッパの古城のデッサンを拾った尾垣真。やがて絵の中にアバター(分身)を描きこむことで、自分もその世界に入りこめることを突き止める。

著者紹介

宮部 みゆき(みやべ・みゆき)

1960年東京生まれ。87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。
92年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞長編部門、同年に『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、93年『火車』で山本周五郎賞、99年『理由』で直木賞を受賞。
その他『模倣犯』『ブレイブ・ストーリー』『ソロモンの偽証』『悲嘆の門』『荒神』『この世の春』『あやかし草紙』など著書多数。角川文庫では『おそろし』『あんじゅう』『泣き童子』などの、ライフワークとも言える江戸怪談の「三島屋」シリーズを展開中。

最近チェックした商品