試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784041063477

南国太平記 上

  • 著者 直木 三十五
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784041063477

直木三十五の代表作が甦る

明治の夜明けも近い幕末、薩摩藩主島津斉興の世子斉彬と、わが子久光を藩主の座につけたいと願う斉興の愛妾お由羅の方との間に激しい抗争が巻き起こる。薩摩の御家騒動を描く、著者の代表作。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「南国太平記 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 激動の幕末、島津斉彬とお由羅の激しい抗争の物語でした。権謀術数めぐる薩摩の行方と運命はいかに決まっていくのでしょう。下巻も読みます。 激動の幕末、島津斉彬とお由羅の激しい抗争の物語でした。権謀術数めぐる薩摩の行方と運命はいかに決まっていくのでしょう。下巻も読みます。
    優希
    2022年01月02日
    44人がナイス!しています
  • 幕末、薩摩藩の「お由羅騒動」を軸に呪術と諜報うずまく伝奇小説。島津重豪、斉興、斉彬、久光、調所笑左衛門、対立関係にあった者もいるがいずれも傑物として描かれている。以前、大阪の空堀を歩いていた時近くに記 幕末、薩摩藩の「お由羅騒動」を軸に呪術と諜報うずまく伝奇小説。島津重豪、斉興、斉彬、久光、調所笑左衛門、対立関係にあった者もいるがいずれも傑物として描かれている。以前、大阪の空堀を歩いていた時近くに記念館があるが直木三十五を読んだことがないと思ったこと、作家の今村夏子氏が芥川賞を受賞した時の「芥川龍之介の本はあまり知りません」というコメントを聞き、直木賞受賞作家は直木三十五を読んでいるのだろうかと素朴な疑問が頭に浮かんだこと、松岡正剛氏が本書を千夜千冊で紹介していたことをきっかけに手に取る。 …続きを読む
    花乃雪音
    2019年11月08日
    16人がナイス!しています
  • ★★★★☆ 計算されつくした様な最近の小説とは違って、とてもおおらか。話の中身は壮絶な感じだけど・・・ 小説と言うよりは講談に近い面白さだ。上巻は調所の死まで。 ★★★★☆ 計算されつくした様な最近の小説とは違って、とてもおおらか。話の中身は壮絶な感じだけど・・・ 小説と言うよりは講談に近い面白さだ。上巻は調所の死まで。
    Fondsaule
    2018年05月25日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品