星の巡礼 Anniversary Edition 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2017年12月15日
商品形態:
電子書籍

星の巡礼 Anniversary Edition

  • 著者 パウロ・コエーリョ
  • 訳 山川 紘矢
  • 訳 山川 亜希子
発売日:
2017年12月15日
商品形態:
電子書籍

世界的ベストセラー『アルケミスト』とならぶ代表作、25周年記念特装版。

神秘の扉を前に最後の試験に失敗し、奇跡の剣を手にできなかったパウロは、剣を見つけ出すため、スペイン北部を東西に横切る巡礼の道、「銀河の道」へ向かう。古来からの道を歩き、聖地サンチャゴを目指す長い旅路のなかで、パウロに幾多の試練が降りかかる。しかしそれは、オカルトや魔法に心を奪われていたパウロに、真のマスターへの道を示す偉大な旅だった。自らの体験を基に描いたデビュー作に、刊行当時、あえて本に入れなかった奇跡的な体験や巡礼路の言い伝え、旅をするときのアドバイスなどについて語った「まえがき」と「あとがき」などをくわえた、刊行25周年記念特装版!

【もくじ】
まえがき
プロローグ
第一章  到着
第二章  サン・ジャン・ピエ・ド・ポー
第三章  創造する者、創造されし者
第四章  自分に対する愛と寛容
第五章  メッセンジャー
第六章  愛
第七章  結婚
第八章  法悦
第九章  死
第十章  祈り
第十一章 征服
第十二章 狂気
第十三章 命令と服従
第十四章 トラディションの儀式
第十五章 エル・セブレロ
エピローグ:サンチャゴ・デ・コンポステーラ
あとがき
訳者あとがき
特装版への訳者あとがき

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「星の巡礼 Anniversary Edition」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • <神秘の扉を前に最後の試験に失敗し、奇跡の剣を手にできなかったパウロは、巡礼路「銀河の道」を旅し、聖地を目指す。幾多の試練を乗り越え、辿り着いた答えとは…。実体験を基に描いた自伝的小説。初めて明かす体 <神秘の扉を前に最後の試験に失敗し、奇跡の剣を手にできなかったパウロは、巡礼路「銀河の道」を旅し、聖地を目指す。幾多の試練を乗り越え、辿り着いた答えとは…。実体験を基に描いた自伝的小説。初めて明かす体験等を追加。> 2017年版 学生時代からずっと行きたいと思っているカミーノ・デ・サンティアゴ聖地巡礼。バケット・リストにも入っているがなかなか実現しない。本著も初読。これではずみがつくかしら。実習がたくさんだ。きっとうまい具合にチャンスがまわってくるはず。焦らず待とう。 …続きを読む
    Yuko
    2019年08月27日
    5人がナイス!しています
  • 素敵なタイトル、と思って読んでみたのだが、内容は全く思いがけないものだった。著者はスペインのキリスト教神秘主義の秘密結社教団RAMの儀式のためにサンチャゴ・デ・コンテスポーラを目指し巡礼の旅に出る。そ 素敵なタイトル、と思って読んでみたのだが、内容は全く思いがけないものだった。著者はスペインのキリスト教神秘主義の秘密結社教団RAMの儀式のためにサンチャゴ・デ・コンテスポーラを目指し巡礼の旅に出る。その過程で様々な気づきや啓示を受け自分の真の力に目覚めていく、という話。度々現れるトランス状態や意味のわからない犬との闘いなどに、私は正直ついていけなかった。一つ心に残ったのは「自分自身に寛容であれ」「自分で自分を罰したり、責め苛なんではいけない」という教え。それを防ぐための体を痛めつける方法がなかなかだ。 …続きを読む
    ichigomonogatari
    2021年12月14日
    4人がナイス!しています
  • 翻訳者のあとがきを読んだら、必然ってあるんだなと思えて、内容とシンクロするようで面白かった。 翻訳者のあとがきを読んだら、必然ってあるんだなと思えて、内容とシンクロするようで面白かった。
    バーベナ
    2018年06月02日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品