真景累ケ淵

近代大衆芸能の頂点。落語の神様が紡ぎ出した至極の物語

  • 著者 三遊亭 円朝

近代大衆芸能の頂点。落語の神様が紡ぎ出した至極の物語

根津の鍼医宗悦が、貸金の催促から旗本の深見新左衛門に殺された。新左衛門は宗悦の霊と誤り妻を殺害し、非業の死を遂げ家は改易。これが因果の始まりで、新左衛門の長男新五郎と次男新吉を不幸が襲う。新吉は宗悦の娘で富本の師匠の豊志賀と深い仲に。豊志賀は弟子お久と新吉の間を疑い、7人の女房を取り殺すと書き残し死ぬ……続く血族の殺し合いは前世の因縁か呪いのためか。円朝の代表作にして最高峰。解説・小松和彦

もくじ

真景累ヶ淵

解説(小松和彦)

文庫売上ランキング

最近チェックした商品