試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784044003425

怪談牡丹燈籠・怪談乳房榎

  • 著者 三遊亭 円朝
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784044003425

「こまげたの音高くカランコロンカランコロンと……」円朝の代表作!

こまげたの音高くカランコロンカランコロンと……江戸は根津の清水谷に住む、若い美男の浪人・萩原新三郎のところへ、旗本の娘のお露と女中のお米が毎夜通ってくる。新三郎が悪い女に騙されては困ると、家来同様の伴蔵が、ある晩、新三郎の家を覗いてみると、彼が楽しげに語らうのは2人の「幽霊」であった。お露と新三郎の悲恋の結末とは!? 落語の神様による怪談噺の最高傑作。他に「怪談乳房榎」を収録。解説・堤邦彦

もくじ

怪談牡丹燈籠
怪談乳房榎
地図

解説 (堤邦彦)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「怪談牡丹燈籠・怪談乳房榎」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • カランコロンカランコロンとこまげたの音高く、つねに変わらず牡丹の花の燈篭を下げて…一目で惚れた男に焦がれ死にし、死んでも諦めきれず彼女は通う。題名とあまりに有名なこのシーンだけが印象に残る噺ですが、実 カランコロンカランコロンとこまげたの音高く、つねに変わらず牡丹の花の燈篭を下げて…一目で惚れた男に焦がれ死にし、死んでも諦めきれず彼女は通う。題名とあまりに有名なこのシーンだけが印象に残る噺ですが、実はその二人だけではなく、たくさんの人々の思惑が絡み物語が巡っていくことに驚かされました。特に後半は怪談というより敵討の物語。因果関係や巡り合せに驚きます。人間の欲や業というもの、女の執念がどういうものなのかを突きつけられるようでした。当時何回にも分けてこの落語を聞いた人たちはどんな思いで先を待ったのでしょう。 …続きを読む
    aquamarine
    2019年11月02日
    70人がナイス!しています
  • 柳家さん喬師匠の「牡丹灯籠(通し)」を見る機会を得た。怪談噺だから避けていたところもあったが大間違いだった。とりわけ圓朝師匠の名作だからなのだろうが、なんとも壮大で幽玄で美しいお話。幾夜へても人間の本 柳家さん喬師匠の「牡丹灯籠(通し)」を見る機会を得た。怪談噺だから避けていたところもあったが大間違いだった。とりわけ圓朝師匠の名作だからなのだろうが、なんとも壮大で幽玄で美しいお話。幾夜へても人間の本質はかわらない。それが哀しみでもあり、おかしさでもあるのか。圓朝師匠の作を晩年の桂歌丸師匠は語り直した。立派な功績を最期にお残しになったと思う。朽ちていきそうなものごとを、どこかで誰かが目をかけ慈しむ。こうやって世の中まわっているのかなと思う。昨年から落語に親しみずっとはまっている。人生がぐっと豊かになった。 …続きを読む
    shizuka
    2019年07月13日
    46人がナイス!しています
  • 話は落語家のきびきびとした調子で進む。読む前に持っていたイメージとはかなり違う。この世ならぬ者の鳴らす高下駄の音も、不穏な空気を生じさせるが、正直なところそれだけである。 話は落語家のきびきびとした調子で進む。読む前に持っていたイメージとはかなり違う。この世ならぬ者の鳴らす高下駄の音も、不穏な空気を生じさせるが、正直なところそれだけである。
    不識庵
    2018年08月27日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品