フォア・フォーズの素数 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年05月25日
商品形態:
電子書籍

フォア・フォーズの素数

  • 著者 竹本 健治
発売日:
2018年05月25日
商品形態:
電子書籍

『匣の中の失楽』から『涙香迷宮』まで40年。ついに復刊、珠玉の短編集!

『涙香迷宮』の主役牧場智久の名作『チェス殺人事件』やトリック芸者の『メニエル氏病』など珠玉の13編。『匣の中の失楽』から『涙香迷宮』まで40年。ついに復刊される珠玉の短編集!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「フォア・フォーズの素数」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 好みな話とよく分からんかった話が半々だった。個人的なベストは「銀の砂時計が止まるまで」。「島」でひとり暮らす少年と謎の女性との邂逅が、少年と「島」についてのある秘密を明らかにし、哀切極まりない結末へと 好みな話とよく分からんかった話が半々だった。個人的なベストは「銀の砂時計が止まるまで」。「島」でひとり暮らす少年と謎の女性との邂逅が、少年と「島」についてのある秘密を明らかにし、哀切極まりない結末へと向かっていく。終盤の虚無的なモノローグが強烈な余韻を引き起こす、傑作と言って良い短篇だった。表題作も良い。この短篇で扱われるパズルは、読者にとってもフェアでシンプルな問題なので、我々も真剣に読めば語り手の少年の悲劇を追体験できる。これが素晴らしい。「メニエル氏病」もパズラーの良作だと思う。読んで良かったです …続きを読む
    マヌヌ2号
    2019年07月26日
    4人がナイス!しています
  • 竹本氏の描く少年が好きだ。とてもとても純粋で、現実にはいなさそうで。 竹本氏の描く少年が好きだ。とてもとても純粋で、現実にはいなさそうで。
    ひょろ
    2019年03月02日
    3人がナイス!しています
  • ★★★☆☆ 短編集。ミステリ色の強い作品はそれほど収録されていないけれどミステリの残滓はそこかしこに塗されていて面白い。個人的には「空白のかたち」「白の果ての扉」「銀の砂時計が止まるまで」が好みかな。 ★★★☆☆ 短編集。ミステリ色の強い作品はそれほど収録されていないけれどミステリの残滓はそこかしこに塗されていて面白い。個人的には「空白のかたち」「白の果ての扉」「銀の砂時計が止まるまで」が好みかな。 …続きを読む
    花嵐
    2019年05月28日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品