角川文庫

インドクリスタル 下

騙されるな、本物を掴め――。巨大国家インドの光と影に迫る超弩級エンタメ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041060643
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

角川文庫

インドクリスタル 下

騙されるな、本物を掴め――。巨大国家インドの光と影に迫る超弩級エンタメ

  • 著者 篠田 節子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041060643

騙されるな、本物を掴め――。巨大国家インドの光と影に迫る超弩級エンタメ

山峡ドルジェ社長・藤岡は、開発用水晶をインドの村から入手する手筈を整えたが、やがて納品物の質は落ち、すり替えも発生。
現地に飛んで村組織を問いただすも、採掘に関わる人々に死や病など災いが生じていると突き返され、日本流の交渉が全く通じず難儀する。
かつて「生き神」だった少女ロサと再会するが、彼女は藤岡に負の予言を告げるのだった。「ここの水晶は、掘り出す人にも、持ち出す人にも、持っている人にも、良くないことが起こる」
そして更に事態は悪化。ロサは以前雇い主に「邪な種」と称されていたことを藤岡は思い返す。
州の役人により採掘が禁止され、窮地に陥った藤岡は……。


連続死、監禁と凌辱、反政府集団による襲撃…
「処女神」だった少女の運命は。 

とてつもない密度の混沌と耀き
一気読み必至、圧倒的筆力で描く社会派エンタメ超大作!


〈第10回 中央公論文芸賞受賞作〉


解説=温水ゆかり


おすすめコメント

インドの土俗とグローバル経済が闇の奥で激突する、桁外れのアジアン・ノワールだ!
――高野秀行(ノンフィクション作家)

ヒロイン像が圧巻だ。ラストまで一気読みの傑作である。
――北上次郎(「本の旅人 2015年1月号」書評より)

世界は善悪の二元論では収まらないことを、この小説は強く訴えかけてくる。
――垣根涼介(作家)

この本は、そう遠くはない未来に大勢の日本人が直面するであろう現実を残酷なまでに示す「グローバル・ミステリ」だ。
――石井光太(作家)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『インドクリスタル』 インタビュー動画

「インドクリスタル 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 物語がすすむにつれ展開が加速する。文化の異なる他国、それも辺境の村落で商売をすることのなんと大変なことか。さらにそこへNGOやウラン問題、武装組織のテロなどが絡まり、物語は単なる水晶採掘のビジネスだけ 物語がすすむにつれ展開が加速する。文化の異なる他国、それも辺境の村落で商売をすることのなんと大変なことか。さらにそこへNGOやウラン問題、武装組織のテロなどが絡まり、物語は単なる水晶採掘のビジネスだけに終わらない。部族の生活や差別を詳細に描き、混沌としたインドの世情をあぶり出す。ロサの大きな瞳が差別の闇をことごとく映し出す。そこに見えるのは日本人には理解し得ない諦念と希望が混在した感情。世界には国の数だけ異なる瞳があるのだろうか。スピード感満点の骨太社会派エンターテイメント作品、面白かった。 …続きを読む
    naoっぴ
    2018年03月18日
    76人がナイス!しています
  • インドという国と水晶を巡るやり取りは、物語の中で10年を越える時が流れている。そんな時間が過ぎてしまったことを感じさせない大作。 いろいろなことが起こりすぎて最後はちょっと疲れちゃいました。 インドという国と水晶を巡るやり取りは、物語の中で10年を越える時が流れている。そんな時間が過ぎてしまったことを感じさせない大作。 いろいろなことが起こりすぎて最後はちょっと疲れちゃいました。
    カブ
    2019年05月01日
    39人がナイス!しています
  • 著者の「弥勒」のような雰囲気を感じつつ、インフラ不整備、賄賂、契約不履行、貧富の差、村の重役や政治家が絡む利権などインドビジネスの難しさにリスキーさを兼ね合わした冒険エンタメ小説。地方の企業の社長であ 著者の「弥勒」のような雰囲気を感じつつ、インフラ不整備、賄賂、契約不履行、貧富の差、村の重役や政治家が絡む利権などインドビジネスの難しさにリスキーさを兼ね合わした冒険エンタメ小説。地方の企業の社長である藤岡の奮闘と、現地で女神的な潜在能力の高さを奮うロサという少女がストーリーを組み立てていくが、インドという大国が男性社会である事、可能性を秘めた大国の未来を感じないではないが、混沌さが強いことなど読み応え十分な重厚な作品。 …続きを読む
    James Hayashi
    2018年06月03日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

海外赴任経験者のわたしがお勧めします。これから海外に仕事で行かれる方、海外在籍の方、新しいビジネス書として持参してください。最後まで飽きのこない展開に、1250枚を一気に読んでしまいました。――劇団2人

凄い濃厚なストーリー。インドと日本の違いは文化の違いの一言だけで説明できるようなものじゃなかった。そんな中で、繰り広げられるインド人とのビジネスと天才的な少女との出会い。様々な身分と思惑をもった人達が絡み合い、先が読めない展開だった。――わらび餅

今まで知らなかったことだらけで、実際のインドの難しさをすごく感じました。インドに階級制度があることは知っていたけれど、ここまで残酷に分かれているとは思っていなかったし、暗闇の部分がなくなることは永遠にない気がしました。本で暮らすことのありがたさを、つくづく感じました。――みょん

著者紹介

篠田 節子(しのだ せつこ)

1955年東京生まれ。90年『絹の変容』で小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。
97年『ゴサインタン―神の座―』で山本周五郎賞、『女たちのジハード』で直木賞、2009年『仮想儀礼』で柴田錬三郎賞、11年『スターバト・マーテル』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。著書に『夏の災厄』『第4の神話』『ブラックボックス』『長女たち』など多数。

最近チェックした商品