夏の災厄

夏の災厄

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
608
ISBN:
9784041028124
label

夏の災厄

  • 著者 篠田 節子
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2015年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
608
ISBN:
9784041028124

20年も前に今日の危機を予見していた驚愕&戦慄のパニック・ミステリ!

平凡な郊外の町に、災いは舞い降りた。熱に浮かされ、けいれんを起こしながら倒れる住民が続出。彼らは日本脳炎と診断された。撲滅されたはずの伝染病が、なぜ今頃蔓延するのか? 保健センターの職員による感染防止と原因究明は、後手に回る行政の対応や大学病院の圧力のため難航する。その間にもウイルスは住民の肉体と精神をむしばみ続け――。
20年以上前から現代生活のもろさに警鐘を鳴らしていた、戦慄のパンデミック・ミステリ。
解説 海堂尊
平凡な郊外の町に、災いは舞い降りた。熱に浮かされ、けいれんを起こしながら倒れる住民が続出。彼らは日本脳炎と診断された。撲滅されたはずの伝染病が、なぜ今頃蔓延するのか? 保健センターの職員による感染防止と原因究明は、後手に回る行政の対応や大学病院の圧力のため難航する。その間にもウイルスは住民の肉体と精神をむしばみ続け――。
20年以上前から現代生活のもろさに警鐘を鳴らしていた、戦慄のパンデミック・ミステリ。
解説 海堂尊

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「夏の災厄」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「夏の」というからには旬のうちに手に取らねば、と今回の旅のお供に選んだが、何しろ読むのに時間がかかった。いわゆるパンデミックもの。インドネシアの離島で島民が伝染病で死に絶えるさまから始まるストーリー。 「夏の」というからには旬のうちに手に取らねば、と今回の旅のお供に選んだが、何しろ読むのに時間がかかった。いわゆるパンデミックもの。インドネシアの離島で島民が伝染病で死に絶えるさまから始まるストーリー。その後舞台は日本に移るわけだが、最後までその不気味さは変わることがない。日本脳炎に似たこの伝染病は人為的に広められたものなのか。著者の取材力に感嘆するも、いかんせん長かった(長すぎた)。 …続きを読む
    ミカママ
    2023年07月21日
    524人がナイス!しています
  • 他の篠田作品に比して些か情緒には欠ける気がするが、この作品ごとの書き分けの妙技こそ、著者の見識の広さ、懐の深さ、また力量があればこそか。本作はパンデミック作品ではなく、その手前のエピデミック。それ故大 他の篠田作品に比して些か情緒には欠ける気がするが、この作品ごとの書き分けの妙技こそ、著者の見識の広さ、懐の深さ、また力量があればこそか。本作はパンデミック作品ではなく、その手前のエピデミック。それ故大袈裟にならず適度なリアリティを保持する。もっとも、局地的流行終息の後、パンデミックへの示唆を布石として締め括るのだが…。徹底した悪人も、非の打ちどころのない正義漢も登場しない。隠蔽された謎を究明するのは下っ端役人気質の保健センター職員他、現場の医療従事者達。それぞれがそれぞれの役割の中で、使命を見出してゆく。 …続きを読む
    みも
    2020年04月20日
    190人がナイス!しています
  • 最初は「点」だった。その意味するところをはかりかね、もたもたしている間に、災厄は容赦なく広がっていく…。え、これって、今起こってること・・・?埼玉郊外の街で発生した、謎の日本脳炎との戦い。ヒーローもヒロイ 最初は「点」だった。その意味するところをはかりかね、もたもたしている間に、災厄は容赦なく広がっていく…。え、これって、今起こってること・・・?埼玉郊外の街で発生した、謎の日本脳炎との戦い。ヒーローもヒロインも出てこない。恋愛要素皆無。ぼやきながらも奮闘する普通の公務員や医師や看護師たち。希望的観測による誤った判断の連鎖。危機感なく無自覚な行動をとる一般人。四半世紀前の作品、久しぶりの再読だけど、正体不明な感染症が発生したときに起こること、人々の動きと反応などをリアルに描き、それが的確であることに驚く。 …続きを読む
    rico
    2020年04月18日
    116人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品