角川文庫

夏の災厄

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
608
ISBN:
9784041028124
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

夏の災厄

  • 著者 篠田 節子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
608
ISBN:
9784041028124

20年も前に今日の危機を予見していた驚愕&戦慄のパニック・ミステリ!

郊外の町にある日ミクロの災いは舞い降りた。熱にうなされ痙攣を起こしながら倒れていく人々。後手にまわる行政の対応。パンデミックが蔓延する現代社会に早くから警鐘を鳴らしていた戦慄のパニックミステリ


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夏の災厄」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 久しぶりの篠田作品。元役所勤務という経歴が活かされた手に汗握るパンデミック小説だった。フィクションとは思えない現実味を帯びた物語に、自分の生活を当てはめながら読み進めると、次第にぞわぞわと背筋が寒くな 久しぶりの篠田作品。元役所勤務という経歴が活かされた手に汗握るパンデミック小説だった。フィクションとは思えない現実味を帯びた物語に、自分の生活を当てはめながら読み進めると、次第にぞわぞわと背筋が寒くなり、読了した今は誰かに読ませたくて仕方ない。〝こんな出来事がいつ身近に起きてもおかしくない〟と思えるほど自然災害や病原菌(ウイルス)が蔓延る世の中で、いざという時にパニックにならずに大切な人を守れるだろうか?職場でいつも言われている「危機管理」という言葉が脳内を駆けめぐる作品だった。 …続きを読む
    はたっぴ
    2018年09月20日
    87人がナイス!しています
  • 映画なら続編がありそうな終わり方。インドネシアの小島から始まる物語に引き込まれたものの、読むのに時間がかかってしまった。身近にこのようなことが起こってしまったならば、ただただ狼狽えるだけになりそうです 映画なら続編がありそうな終わり方。インドネシアの小島から始まる物語に引き込まれたものの、読むのに時間がかかってしまった。身近にこのようなことが起こってしまったならば、ただただ狼狽えるだけになりそうです。 …続きを読む
    ちゃんみー
    2017年12月20日
    42人がナイス!しています
  • パンデミックものは久しぶり。結構どうなる?どうなる?と気になりながら読み終えた?青柳さんは結構すごいね。この作者さんは初読みだったけど、ちょっと気になるので他の作品も読んでみようかな! パンデミックものは久しぶり。結構どうなる?どうなる?と気になりながら読み終えた?青柳さんは結構すごいね。この作者さんは初読みだったけど、ちょっと気になるので他の作品も読んでみようかな!
    りょうこ
    2015年04月20日
    41人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品