バチカン奇跡調査官 ジェヴォーダンの鐘

バチカン奇跡調査官 ジェヴォーダンの鐘 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年04月25日
商品形態:
電子書籍

バチカン奇跡調査官 ジェヴォーダンの鐘

  • 著者 藤木 稟
発売日:
2018年04月25日
商品形態:
電子書籍

天才神父コンビ・平賀とロベルトの活躍がたっぷり読める、本編第14弾!

フランスののどかな小村・セレ村にある聖マリー教会から、バチカンに奇跡申請が寄せられる。
山の洞穴に祀られた聖母像を礼拝している最中、「鳴ると奇跡が起こる」との言い伝えがある舌(ぜつ)のない鐘が鳴り、青い鳥が福音を告げ、全盲の少女・ファンターヌの目が見えるようになったというのだ。
証拠の映像も残っており、奇跡調査官の平賀とロベルトは、早速現地へと調査に向かう。
この一帯は、かつて「ジェヴォーダンの獣」と呼ばれる怪物が出没したとの伝説が残り、狼男や人を惑わす妖精が跋扈すると噂の森が広がる地だった。さらにファンターヌは3年前、森で大ガラスの魔物に出会ったことで視力を奪われたらしく──!?
2人の活躍がたっぷりと楽しめる! 天才神父コンビの事件簿第14弾!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「バチカン奇跡調査官 ジェヴォーダンの鐘」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 天才神父コンビ・平賀とロベルトの活躍がたっぷり読める、本編第14弾! 天才神父コンビ・平賀とロベルトの活躍がたっぷり読める、本編第14弾!
    enana
    2018年05月20日
    72人がナイス!しています
  • 本編14段。久し振りにらしい奇跡調査の話し。今回はホラー色低め。宗教色強め。神秘性高め。少し冒険っぽい部分あり。ロベルトキッチンが本編で2回も出てきたのはファンサービスかな?自然現象が偶然起きてしまっ 本編14段。久し振りにらしい奇跡調査の話し。今回はホラー色低め。宗教色強め。神秘性高め。少し冒険っぽい部分あり。ロベルトキッチンが本編で2回も出てきたのはファンサービスかな?自然現象が偶然起きてしまったことと、大切な人への強い想いが結び付いてうまれた“奇跡”。「愛と赦し」のような、優しいけどどこか切ない話しでした。読後感は悪くないです。平賀達の神父として、調査官として、得意分野として本領発揮できてるようで、今までで一番「らしい」話しかもしれないですね。「ダ・ヴィンチ・コード」お好きな方にもオススメです。 …続きを読む
    青蓮
    2018年04月13日
    72人がナイス!しています
  • ジェヴォーダンと言えば、映画『ジェヴォーダンの獣』を想起。仇役はヴァンサン・カッセル(今はオランジーナのCMで有名かな?)でしたが、謎めいた貴族が登場、勝手にミスリードされちゃいました。今回はシリーズ ジェヴォーダンと言えば、映画『ジェヴォーダンの獣』を想起。仇役はヴァンサン・カッセル(今はオランジーナのCMで有名かな?)でしたが、謎めいた貴族が登場、勝手にミスリードされちゃいました。今回はシリーズ屈指の良い話でした。平賀が暴走気味でしたが。ジュリア神父もローレンも出ませんでしたが、アルビジョワ十字軍、マグダラのマリアといったキリスト教史の異端解釈は深く面白かった。そして現代にも息づいている可能性に想いが及ぶ物語。今回の奇跡は認定しても良いのでは?それくらい優しいアンドレの想い。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2018年06月06日
    70人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品