角川ホラー文庫

バチカン奇跡調査官 ジェヴォーダンの鐘

天才神父コンビ・平賀とロベルトの活躍がたっぷり読める、本編第14弾!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041059753
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

角川ホラー文庫

バチカン奇跡調査官 ジェヴォーダンの鐘

天才神父コンビ・平賀とロベルトの活躍がたっぷり読める、本編第14弾!

  • 著者 藤木 稟
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041059753

天才神父コンビ・平賀とロベルトの活躍がたっぷり読める、本編第14弾!

フランスののどかな小村・セレ村にある聖マリー教会から、バチカンに奇跡申請が寄せられる。
山の洞穴に祀られた聖母像を礼拝している最中、「鳴ると奇跡が起こる」との言い伝えがある舌(ぜつ)のない鐘が鳴り、青い鳥が福音を告げ、全盲の少女・ファンターヌの目が見えるようになったというのだ。
証拠の映像も残っており、奇跡調査官の平賀とロベルトは、早速現地へと調査に向かう。
この一帯は、かつて「ジェヴォーダンの獣」と呼ばれる怪物が出没したとの伝説が残り、狼男や人を惑わす妖精が跋扈すると噂の森が広がる地だった。さらにファンターヌは3年前、森で大ガラスの魔物に出会ったことで視力を奪われたらしく──!? 
2人の活躍がたっぷりと楽しめる! 天才神父コンビの事件簿第14弾!

もくじ

プロローグ 鐘は鳴る、奇跡の印として
第一章 鳥と聖母
第二章 謎多き道の始めに立ちて
第三章 悪しき霊らの為業
第四章 墓標と少女
第五章 精霊たち
第六章 天は微笑む、良き者にも悪しき者にも
エピローグ 主は全ての人々の傍らに


登場人物

平賀・ヨゼフ・庚(ひらが・よぜふ・こう)

日本人の青年神父。24歳。ほっそりとして色白、女性にしても良いくらいの美貌の持ち主。骨肉種をわずらう12歳の弟・良太がいる。

ロベルト・ニコラス

イタリア人の青年神父。男らしい体つきの精悍な美男子。平賀とコンビを組んでいる奇跡調査官で、古文書と暗号解読のエキスパート。神父とは思えないほど世慣れていて、きちんと自分の人生を楽しむタイプ。

ジュリア司祭(2巻目から登場)

プラチナブロンドの髪とグリーンの瞳をもつ、美貌の青年神父。アフリカのソフマ共和国の教会で貧しい人々を救う、聖者のような司祭。

サウロ大司教

平賀とロベルトの良き上司。信仰心があつく、また現在においては希少な悪魔祓い(エクソシズム)を体験した、英雄的大司教でもある。

ローレン・ディルーカ

バチカン情報局で平賀の調査の補佐を行う。天才肌で、数々の事件で名サポートを見せるが、実は最重要犯罪者。現在脱獄し、行方不明になっている。

チャンドラ・シン博士

ローレンの後任として平賀のサポートを行う。優秀な数学者。ある事情からローレンを憎んでおり、その足取りを追うべくロベルトに協力を依頼する。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「バチカン奇跡調査官 ジェヴォーダンの鐘」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 天才神父コンビ・平賀とロベルトの活躍がたっぷり読める、本編第14弾! 天才神父コンビ・平賀とロベルトの活躍がたっぷり読める、本編第14弾!
    enana
    2018年05月20日
    68人がナイス!しています
  • ジェヴォーダンと言えば、映画『ジェヴォーダンの獣』を想起。仇役はヴァンサン・カッセル(今はオランジーナのCMで有名かな?)でしたが、謎めいた貴族が登場、勝手にミスリードされちゃいました。今回はシリーズ ジェヴォーダンと言えば、映画『ジェヴォーダンの獣』を想起。仇役はヴァンサン・カッセル(今はオランジーナのCMで有名かな?)でしたが、謎めいた貴族が登場、勝手にミスリードされちゃいました。今回はシリーズ屈指の良い話でした。平賀が暴走気味でしたが。ジュリア神父もローレンも出ませんでしたが、アルビジョワ十字軍、マグダラのマリアといったキリスト教史の異端解釈は深く面白かった。そして現代にも息づいている可能性に想いが及ぶ物語。今回の奇跡は認定しても良いのでは?それくらい優しいアンドレの想い。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2018年06月06日
    67人がナイス!しています
  • 今回も本当の奇跡ではありませんでしたが、青い鳥がファンターヌの目を癒した事は、充分奇跡に値すると思います。ロベルトの神話とキリスト教の成り立ちに関する蘊蓄は、読むのに苦労しましたが、なかなか勉強になり 今回も本当の奇跡ではありませんでしたが、青い鳥がファンターヌの目を癒した事は、充分奇跡に値すると思います。ロベルトの神話とキリスト教の成り立ちに関する蘊蓄は、読むのに苦労しましたが、なかなか勉強になりました。今回も面白かったです。 …続きを読む
    たち
    2018年05月10日
    67人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品