アニメ化作品

角川ホラー文庫

バチカン奇跡調査官 闇の黄金

天才神父コンビの事件簿第3弾、完全書き下ろし!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784044498047
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

アニメ化作品

角川ホラー文庫

バチカン奇跡調査官 闇の黄金

天才神父コンビの事件簿第3弾、完全書き下ろし!

  • 著者 藤木 稟
  • イラスト THORES柴本
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784044498047

天才神父コンビの事件簿第3弾、完全書き下ろし!

イタリアの小村の教会から申告された奇跡の調査に向かった『奇跡調査官』の平賀とロベルト。だが何か隠していたらしい司祭が、何者かに殺害されてしまう。『首切り道化師』の伝説が残るその村に、秘められた謎とは!

登場人物

平賀・ヨゼフ・庚(ひらが・よぜふ・こう)

日本人の青年神父。24歳。ほっそりとして色白、女性にしても良いくらいの美貌の持ち主。骨肉腫をわずらう12歳の弟・良太がいる。

ロベルト・ニコラス

イタリア人の青年神父。男らしい体つきの精悍な美男子。平賀とコンビを組んでいる奇跡調査官で、古文書と暗号解読のエキスパート。神父とは思えないほど世慣れていて、きちんと自分の人生を楽しむタイプ。

ジュリア司祭(2巻目から登場)

プラチナブロンドの髪とグリーンの瞳をもつ、美貌の青年神父。アフリカのソフマ共和国の教会で貧しい人々を救う、聖者のような司祭。

サウロ大司教

平賀とロベルトの良き上司。信仰心があつく、また現在においては希少な悪魔祓い(エクソシズム)を体験した、英雄的大司教でもある。

ローレン・ディルーカ

バチカン情報局で平賀の調査の補佐を行う。天才肌で、数々の事件で名サポートを見せるが、実は最重要犯罪者。現在脱獄し、行方不明になっている。

チャンドラ・シン博士

ローレンの後任として平賀のサポートを行う、優秀な数学者。ある事情からローレンを憎んでおり、その足取りを追うべくロベルトに協力を依頼する。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「バチカン奇跡調査官 闇の黄金」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 今回は海外へ飛ばずイタリア国内での事件。今までの中では1番納得のいく、というかしっくりくる締め方だったかも。最後に大どんでん返しがあるわけでもなく、かと言って取りこぼした伏線があったわけでもなく。(ジ 今回は海外へ飛ばずイタリア国内での事件。今までの中では1番納得のいく、というかしっくりくる締め方だったかも。最後に大どんでん返しがあるわけでもなく、かと言って取りこぼした伏線があったわけでもなく。(ジュリア司祭の件は除く)キャラのビジュアルが出てきた事と比較的イメージしやすい西欧が舞台だったので、前巻より頭の中で登場人物を動かしながら読むことができました。前の方に出てきたウドルフ調査官はガルドウネに関係があるんでしょうか? …続きを読む
    和夜
    2016年05月18日
    100人がナイス!しています
  • 再読です。今回は「まだらの道化師」の伝説が残るイタリアの小さい村で起きた奇跡の調査。黒幕のあの人とビル捜査官も再登場。本作はいい具合に纏まってて読みやすかったです。ロベルトと平賀の役割もバランスが取れ 再読です。今回は「まだらの道化師」の伝説が残るイタリアの小さい村で起きた奇跡の調査。黒幕のあの人とビル捜査官も再登場。本作はいい具合に纏まってて読みやすかったです。ロベルトと平賀の役割もバランスが取れてていコンビになってました。平賀の天然っぷりが微笑ましい。そしてロベルトが平賀の事が大好きすぎる件について。ロベルトにとって平賀は大天使なのね。 …続きを読む
    蓮子
    2013年10月29日
    81人がナイス!しています
  • 天才神父コンビの事件簿シリーズ第3段!今回は童話「ハーメルンの笛吹男」をベースとしたミステリーでした。グロテスクなシーンはありますが、前作より読みやすく面白かったです。後半部のインディージョーンズばり 天才神父コンビの事件簿シリーズ第3段!今回は童話「ハーメルンの笛吹男」をベースとしたミステリーでした。グロテスクなシーンはありますが、前作より読みやすく面白かったです。後半部のインディージョーンズばりの探検シーンがドキドキ感ありましたね。平賀が純粋無垢な「光」で眩しい。対する「闇」である宿敵ジュリアの言い分も分からなくはない。ジュリアは必要悪な立ち回りかな?それにしてもロベルト、平賀を甘やかし過ぎでは?甲斐甲斐しいのは微笑ましいのだが(苦笑) …続きを読む
    青蓮
    2017年04月13日
    79人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品