少女は夜を綴らない

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年07月21日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784041058664

少女は夜を綴らない

  • 著者 逸木 裕
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年07月21日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784041058664

“殺人計画”にのめり込む少女を描く、先読み不可能な青春ミステリ!

“人を傷つけてしまうかもしれない”という強迫観念に囚われている、中学3年生の山根理子。彼女は小学6年生のときに同級生の加奈子を目の前で“死なせてしまった”ことを、トラウマとして抱えていた。 “身近な人間の殺害計画”を“夜の日記”と名付けたノートに綴ることで心を落ち着け、どうにか学校生活を送っていた理子の前に、ある日、加奈子の弟・悠人が現れる。“加奈子の死”にまつわる理子の秘密を暴露すると脅され、理子は悠人の父親を殺す計画を手伝うことに。やむを得ず殺害計画を考えるうち、誰にも言えなかった“夜の日記”を共有できる悠人に心惹かれていく理子。やがてふたりは殺害計画を実行に移すが――。

メディアミックス情報

NEWS

「少女は夜を綴らない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『夜のノート』が出てきた時点で、サイコっぽい中学生女子の話かと思ったが、予想より面白かった。理子や悠人が抱える家族の問題は重い。。どこに向かうのかと心配になるも、ミステリーとしてちゃんと収まった気がし 『夜のノート』が出てきた時点で、サイコっぽい中学生女子の話かと思ったが、予想より面白かった。理子や悠人が抱える家族の問題は重い。。どこに向かうのかと心配になるも、ミステリーとしてちゃんと収まった気がしたからまぁスッキリかな。不思議な関係の2人がずっと繋がっていてほしい。ボー研仲間のマキや薫の正義感も苦手〜だったけど、必要なこともあるのね。 …続きを読む
    えりこんぐ🐤
    2017年08月23日
    70人がナイス!しています
  • 先の展開が読めず、とにかく面白かった。マキみたいな正しさと優しさもあれば、薫のような強さと優しさもあるんだなぁと考えさせられた。家族や同級生達は、問題が有り過ぎたが、そういう意味では、理子は恵まれてい 先の展開が読めず、とにかく面白かった。マキみたいな正しさと優しさもあれば、薫のような強さと優しさもあるんだなぁと考えさせられた。家族や同級生達は、問題が有り過ぎたが、そういう意味では、理子は恵まれていた気がする。最後の理子と悠人のやり取りも、加害恐怖から解放された清々しさを感じた。そして、作中の「オニリム」を切っ掛けに、一人用カードゲームに興味が沸いたので、新しい趣味にしてみようかな(笑)。それとゴディバのチョコレートリキュールも飲んでみたい!! …続きを読む
    kou
    2019年04月10日
    59人がナイス!しています
  • ふむ、いいタイトル。加害恐怖に苦しむ中学生の理子は、死んだ同級生の弟・悠人に弱みを握られ、彼の父親を殺す計画に加担する事に。虐待・いじめ・殺人・痴漢・心の病等々、出てくる問題はどれもこれもとてつもなく ふむ、いいタイトル。加害恐怖に苦しむ中学生の理子は、死んだ同級生の弟・悠人に弱みを握られ、彼の父親を殺す計画に加担する事に。虐待・いじめ・殺人・痴漢・心の病等々、出てくる問題はどれもこれもとてつもなく重いのに、それ程どっしり胸につかえる内容ではなく、読後感も良い。この設定で読後感が良いって何気に驚異だと思う。理子や悠人の思考も正直しんどいけども、マキや薫の正攻法で戦える真っ直ぐ過ぎる強さも息苦しい。どちらにも共感しきれず、ちょうどいい塩梅の奴はいないのかと感じた。で、結局お兄ちゃんはどうなったんだろう…。 …続きを読む
    おかだ
    2017年11月20日
    57人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

前作と同様、一気に読破し、最後の結末で全てがすっきりと繋がり感動しました。主人公の理子が強迫観念に囚われているという設定も新鮮で面白かったです。そしてなにより逸木先生の作品はプロローグが素晴らしいと思います。虹を待つ彼女もそうだったように読み手を引きつけるのが上手だな、と感じました。――とさ

展開が予想できず、ページをめくる手が止まらなかった。
時間を忘れて読んでいて、休むことなく読み終えてしまう面白さだった。――学生

なりたい自分になれない自分。
現実と理想の狭間で揺れ動く少年少女たち。
この物語はそんな少年少女たちの祈りの物語だ。
理想に向かって努力することは素晴らしいことだけど、今のままのあなたを大事にして欲しいと伝えられる大人でありたいと、わたしもまた祈りながら本を閉じた。――プリン

著者紹介

逸木 裕(いつき ゆう)

東京都生まれ。学習院大学卒業。2016年、『虹を待つ彼女』で横溝正史ミステリ大賞を受賞し、デビュー。

この著者の商品

最近チェックした商品