試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年06月12日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041091838

少女は夜を綴らない

  • 著者 逸木 裕
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年06月12日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041091838

心の傷を抱える少女と秘密を握る少年。2人を近づけたのは殺人計画だった。

「人を傷つけてしまうのではないか」という強迫観念に囚われている中学3年生の理子。身近な人間の殺人計画を「夜の日記」に綴ることで心をなだめ、どうにか学校生活を送っている。そんな理子の前に、彼女の秘密を知るという少年・悠人が現れる。秘密を暴かれたくなければ父親の殺害を手伝えと迫る悠人に協力するうち、徐々に彼に心を開いていく理子。やがて二人は計画を実行に移すが――。
先読み不能、一気読み必至の青春ミステリ!
解説 有栖川有栖

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「少女は夜を綴らない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 初読み作家さん。どうやら、『虹を待つ彼女』という作品で横溝正史ミステリ大賞を受賞しているらしい。本作は、他人を傷つけてしまうのではないか?という加害恐怖を抱えた中学3年の理子が主人公。彼女は、その加害 初読み作家さん。どうやら、『虹を待つ彼女』という作品で横溝正史ミステリ大賞を受賞しているらしい。本作は、他人を傷つけてしまうのではないか?という加害恐怖を抱えた中学3年の理子が主人公。彼女は、その加害恐怖を宥める為、一種の暴露療法として、殺人計画を「夜の日記」に書き綴っていた。そんなある日、理子の過去の秘密を知っているという少年が現れ、父親の殺害に協力してほしいと依頼される…。歪みを抱えた登場人物が多く、感情移入は難しいが、先の展開が気になり、さらりと読めた。 …続きを読む
    とろこ
    2020年11月01日
    50人がナイス!しています
  • 小学6年生の時の同級生・加奈子の死から加害恐怖症に囚われる中学生山根理子。ある秘密を握っていた加奈子の弟・悠人に脅され、悠人の父親を殺す計画を手伝うことになる物語。リハビリの一環で書いた秘密の日記通り 小学6年生の時の同級生・加奈子の死から加害恐怖症に囚われる中学生山根理子。ある秘密を握っていた加奈子の弟・悠人に脅され、悠人の父親を殺す計画を手伝うことになる物語。リハビリの一環で書いた秘密の日記通りに起きるホームレス殺人。クラスでも微妙な立ち位置で挙動不審な兄や殺人計画もあり追い詰められてゆく理子。生々しく描かれる疑心暗鬼に陥った逃げ場がない状況であがく理子でしたけど、中学生ができる事には限界がありますよね。だからこそ手を差し伸べてくれる存在や偶然もあったりで何とか落ち着いた結末には救われる思いでした。 …続きを読む
    よっち
    2020年06月12日
    15人がナイス!しています
  • 人を傷つけてしまうのではないか、という加害恐怖に悩む中学生の理子は、殺人計画をノートに綴ることで衝動を封じ込めている。 殺人事件。歪んだ家族。理不尽な暴力。理子の秘められた過去。 人間の欲望と妄想が複 人を傷つけてしまうのではないか、という加害恐怖に悩む中学生の理子は、殺人計画をノートに綴ることで衝動を封じ込めている。 殺人事件。歪んだ家族。理不尽な暴力。理子の秘められた過去。 人間の欲望と妄想が複雑に絡み合った、不安定で痛々しい傑作青春小説です。 …続きを読む
    なみ
    2020年06月17日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品