さよなら、と嘘をつく ‐‐沙之里幽譚

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041058510

さよなら、と嘘をつく ‐‐沙之里幽譚

  • 著者 太田 忠司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041058510

衝撃のラストに、泣いてしまいました。少し恐くてとても不思議な青春物語!

引っ込み思案の少女、千蔭は、女優を引退した母親と、
地方の片田舎、沙之里に引っ越すことに。
ある日迷い込んだ丘で、千蔭は大木〈サノキ〉を見つける。
そこで出会った白い着物の少女、チヨから
「成仏できない幽霊を、あの世に送るお手伝い」を頼まれた千蔭。
〈サノキ〉はあの世とこの世を繋ぐ木だった。
訳アリな幽霊たちと遭遇し、チヨと絆を深め、
沙之里を愛し始めた千蔭だが……。
涙の後に衝撃が!
恐くて切ない青春ファンタジー!

あなたは、この結末を、予想できますか…?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「さよなら、と嘘をつく ‐‐沙之里幽譚」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • そこはかとなく怖い物語。太田先生の作品に共通するものだと思いますが、なんだろう・・地味に怖い。東京or沙之里の選択肢しか無い訳じゃないのに、そしてそんなに愛着が有ろうはずもないのに土地を護る、人々を護 そこはかとなく怖い物語。太田先生の作品に共通するものだと思いますが、なんだろう・・地味に怖い。東京or沙之里の選択肢しか無い訳じゃないのに、そしてそんなに愛着が有ろうはずもないのに土地を護る、人々を護るそんな精霊のようなあるいは妖怪か?自ら進んで捧げる「生贄」のようです。ラストの展開はどうなんだろう?綺麗に繋がる様で後任(候補)が現れるまで半世紀程かしら・・その間は地縛霊がいなかったとでもいうのでしょうかね?ちょっといじわるな感想でした。 …続きを読む
    らび
    2018年05月16日
    30人がナイス!しています
  • 少し引っ込み思案の少女、千蔭は母と越してきた沙之里である日不思議な大木「サノキ」と出会う、不思議な青春物語。引っ込み思案で周りに流され気味な主人公が、章を追うごとに成長していき、最後には大きな決断がで 少し引っ込み思案の少女、千蔭は母と越してきた沙之里である日不思議な大木「サノキ」と出会う、不思議な青春物語。引っ込み思案で周りに流され気味な主人公が、章を追うごとに成長していき、最後には大きな決断ができるまでになる姿は嬉しい反面、切なさもあります。全体的に温かい話だと思いますが、サノキに纏わる人知れない仕来たりはよくよく考えると恐ろしいものでした。チヨやラストの千陰の本音が読んだ通りの意思なのか、裏の思惑があるのか深読みすると違った印象に見えてくる物語です。 …続きを読む
    rio
    2018年05月08日
    26人がナイス!しています
  • ママと二人で沙之里という田舎町へ引っ越してきた小学生の千蔭。新しい土地に馴染めないそんなある日、大木サノキがある丘に迷い込み、そこで出会った少女チヨに幽霊を成仏させる手伝いを頼まれて物語は始まります。 ママと二人で沙之里という田舎町へ引っ越してきた小学生の千蔭。新しい土地に馴染めないそんなある日、大木サノキがある丘に迷い込み、そこで出会った少女チヨに幽霊を成仏させる手伝いを頼まれて物語は始まります。毎年、サノキが花を咲かせる季節に成長した千蔭が事情を抱えた地縛霊に向き合い助けていきます。うっすらとラストを匂わせる描写が読み進めるに連れて深まっていき、少し不気味な気配を感じながらも…運命として決まっていたような、千蔭自身が自分で選択したようにも思えるような、一種の洗脳のようなホラーなラストでした。 …続きを読む
    流れ星
    2018年10月03日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品