角川文庫

売り出された花嫁 花嫁シリーズ

月いくらなら承知する? 愛人契約に潜む闇とは……花嫁シリーズ第25弾

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041057537
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

売り出された花嫁 花嫁シリーズ

月いくらなら承知する? 愛人契約に潜む闇とは……花嫁シリーズ第25弾

  • 著者 赤川 次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041057537

月いくらなら承知する? 愛人契約に潜む闇とは……花嫁シリーズ第25弾

愛人契約の現場を目撃した水畑。女に話を持ちかけていたのはかつての家庭教師だった――一方、愛人契約を結んだ双葉あゆみは奇妙な愛人生活に困惑。女子大生の亜由美は友人たちを救うため、大奮闘!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「売り出された花嫁 花嫁シリーズ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 亜由美の家族との会話が面白い。殿永部長刑事の「もともと、警視総監になりたいとは思っていませんでしたからね。」のセリフがカッコよかった。 亜由美の家族との会話が面白い。殿永部長刑事の「もともと、警視総監になりたいとは思っていませんでしたからね。」のセリフがカッコよかった。
    Kana
    2018年04月11日
    9人がナイス!しています
  • 話はかなりあっさり気味だけど…殿永刑事が良い味出してたな。「警視総監になりたいとは思ってない」のセリフはカッコ良かった。 話はかなりあっさり気味だけど…殿永刑事が良い味出してたな。「警視総監になりたいとは思ってない」のセリフはカッコ良かった。
    よっしー
    2018年05月28日
    4人がナイス!しています
  • 亜由美と愛犬ドン・ファンのシリーズ第25弾。サラっと読むにはちょうどいい。 亜由美と愛犬ドン・ファンのシリーズ第25弾。サラっと読むにはちょうどいい。
    ryuryu
    2018年04月11日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品