角川文庫

勝手にしゃべる女

ゾワッと来る読後感に、貴方は魅了される……傑作ショートショート。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041057513
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

勝手にしゃべる女

ゾワッと来る読後感に、貴方は魅了される……傑作ショートショート。

  • 著者 赤川 次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041057513

ゾワッと来る読後感に、貴方は魅了される……傑作ショートショート。

なんとなくお見合いをしようとした直子の下へ、叔母からの紹介したい人がいると連絡があった。その相手は、毎週日曜の夜9時に、叔母の家へ来るらしい。直子がそこで目撃した光景とは……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「勝手にしゃべる女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 赤川さんて、こんな感じのも書くんだ。想像とちょっと違いました。星さんみたいな感じかな? 赤川さんて、こんな感じのも書くんだ。想像とちょっと違いました。星さんみたいな感じかな?
    キリン
    2018年06月01日
    12人がナイス!しています
  • 赤川さんのコメント付きの後半が興味深かったです。 赤川さんのコメント付きの後半が興味深かったです。
    蕭白
    2019年01月30日
    6人がナイス!しています
  • Ⅱでは悲愴感あふれるサラリーマンを描き心を掴まれた。どこにでもありそうな勘違いやプチホラーが身近に感じ思わずぞっとする。そして最後のオチ、山椒のようなみょうがのような深い味を出しているのだ。手放せない Ⅱでは悲愴感あふれるサラリーマンを描き心を掴まれた。どこにでもありそうな勘違いやプチホラーが身近に感じ思わずぞっとする。そして最後のオチ、山椒のようなみょうがのような深い味を出しているのだ。手放せない一冊。 …続きを読む
    まろまろ
    2018年07月28日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品