怪談狩り 禍々しい家 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2017年06月17日
商品形態:
電子書籍

怪談狩り 禍々しい家

  • 著者 中山 市朗
発売日:
2017年06月17日
商品形態:
電子書籍

『新耳袋』の著者・中山市朗による新シリーズ、文庫第3弾!

怪奇蒐集家・中山市朗が狩り集めた戦慄の建物怪談。人の気配がない角部屋から聞こえる妙に大きな生活音、引っ越し先で見つけた不気味なビデオテープ、誰もいない子ども部屋で突然鳴りだすおもちゃの音、夜の自転車置き場の地面に這うモノ……。「新耳袋」で話題騒然、今もさまざまな憶測を呼ぶ「山の牧場」の、今だから書ける、ここでしか読めない後日譚6話も収録。どの町にもある普通の建物が、異様なものを孕む空間かもしれない。文庫オリジナル。

メディアミックス情報

NEWS

「怪談狩り 禍々しい家」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「キッチンの修繕」や「ビデオテープ」のように部屋に誰かの念が残っているのは普通にありそうで恐い。「気持ちのいい部屋」ではT美という専門学校生がドーナツを壁のフックに掛けたり食器をバスタブに浸けたり奇矯 「キッチンの修繕」や「ビデオテープ」のように部屋に誰かの念が残っているのは普通にありそうで恐い。「気持ちのいい部屋」ではT美という専門学校生がドーナツを壁のフックに掛けたり食器をバスタブに浸けたり奇矯な行動をしていて、やはり過去にここで事件のあったことがわかる。「メリーさんの館」など謎の建物は恐さと同時に好奇心もそそるが、中でも「山の牧場」は行く度に形状が変わり、廃屋なのか使っているのかもわからず、階段やトイレがなかったり大量のお札が貼られていたり…ここで一夜を過ごす話は、本当なの?と思うほど異常だった。 …続きを読む
    夜間飛行
    2020年06月25日
    158人がナイス!しています
  • 実話怪談集。家というテーマで怪談がまとめられている。どの話も外れは無く、流石の著者の力量を感じさせる一冊。淡々としすぎのような気もするけど、それはそれで『新耳袋』以来の持ち味だしね。中には「置屋」とか 実話怪談集。家というテーマで怪談がまとめられている。どの話も外れは無く、流石の著者の力量を感じさせる一冊。淡々としすぎのような気もするけど、それはそれで『新耳袋』以来の持ち味だしね。中には「置屋」とか読んでると異常に不穏な話も紛れてるので油断できないし。ただ白眉は何といっても「山の牧場」後日談シリーズ。改めてこの話に触れたけど、怪談にも陰謀論にも幾重にも怖いものが重なりあったものが感じられる名作だと再確認できる。著者の方もテレビで紹介したり、近くでテント一泊して怪談会したりとやりたい放題の気もするけど。 …続きを読む
    HANA
    2020年04月09日
    71人がナイス!しています
  • 建物って、本来夜とか自然とか、大きくて得体のしれない怖いものから守ってくれる存在じゃないですか。自分の住む家ってその最たるものですよね。そこで怖いことがあったら、人間どこへ逃げたら良いのでしょうか?そ 建物って、本来夜とか自然とか、大きくて得体のしれない怖いものから守ってくれる存在じゃないですか。自分の住む家ってその最たるものですよね。そこで怖いことがあったら、人間どこへ逃げたら良いのでしょうか?そんな怖い話で一杯の怪談集です。「山の牧場」についてのレポートが時系列に並んでいます。何が何やらわからないので本当に怖いですね。「メリーさんの館」というのも初めて聞きました。よくそんな怖いところに入ってみますね。理解できません。でも入った人がいるから怖い話が読めるのでもあります。あーこわ。 …続きを読む
    あたびー
    2021年07月10日
    42人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品