男役 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年03月24日
商品形態:
電子書籍

男役

  • 著者 中山 可穂
発売日:
2018年03月24日
商品形態:
電子書籍

愛と運命の業を描く中山可穂版・オペラ座の怪人!

トップになって二日目に舞台事故で亡くなった50年前の伝説の男役スター・扇乙矢。以後、大劇場の奈落に棲みつく宝塚の守護神ファントムさんとして語り継がれてきた。大劇場では月組トップスター如月すみれのサヨナラ公演の幕が開き、その新人公演の主役に大抜擢された永遠ひかるの前にあらわれた奇跡とは―。男役という稀有な芸への熱いオマージュを込めて中山可穂が情感豊かに描く、悲しく切ない恋愛幻想譚。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「男役」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 初めての作家。宝塚歌劇は一応守備範囲。「ヅカ調」って言葉があって独特の台詞回しは好きと嫌いの区別がハッキリと分かれる、と言われたものだが、多分今でもそうなのだろう。「ベルばら」ブームの頃オスカル:安奈 初めての作家。宝塚歌劇は一応守備範囲。「ヅカ調」って言葉があって独特の台詞回しは好きと嫌いの区別がハッキリと分かれる、と言われたものだが、多分今でもそうなのだろう。「ベルばら」ブームの頃オスカル:安奈淳版を実見。序でにレコードも買って主題歌と見せ場のセリフは今でも再生可能。でもファンでは無い。小生的には、あれは親子三代くらい重ねないと名乗ってはいけない気がする。小説の題材としては芸道物、学園物、オカルトとか気前よく盛り込んであって景気がいい。熱に浮かされた様な描写が「らしい」のだが、そこまで。続く …続きを読む
    ヨーイチ
    2019年03月01日
    45人がナイス!しています
  • 前に読んだ「娘役」より先の作品。宝塚歌劇を真正面から描いた作品。「男役は時として本物の男よりも男らしく、どこまでも優しく娘役を守り、大きく全てを包み込み、何があろうと愛し抜く。ただその美学のみによって 前に読んだ「娘役」より先の作品。宝塚歌劇を真正面から描いた作品。「男役は時として本物の男よりも男らしく、どこまでも優しく娘役を守り、大きく全てを包み込み、何があろうと愛し抜く。ただその美学のみによって存在する。」何と素晴らしい。若い女性が男役を演じる、世界に唯一の演劇空間。その虚構性によって、夢を与え続ける、奇跡の舞台だ。宝塚の舞台を踏んだ祖母と孫、50年の時を超えて受け継がれる舞台への情熱。事故死した男役がファントムとなり、死に瀕する相手役を迎えて昇天するストーリー自体が、実に宝塚的なファンタジーだ。 …続きを読む
    エドワード
    2020年04月14日
    32人がナイス!しています
  • 新人公演で主役に抜擢された永遠ひかる。ひかるの憧れのトップスターであり、まもなく退団する如月すみれ。男役トップになって2日後に事故死して以来、宝塚の守護神として語り継がれてきたファントム。そのときの娘 新人公演で主役に抜擢された永遠ひかる。ひかるの憧れのトップスターであり、まもなく退団する如月すみれ。男役トップになって2日後に事故死して以来、宝塚の守護神として語り継がれてきたファントム。そのときの娘役チャメ(ひかるの祖母)。ひかるは、すみれやファントムさんに支えられながら、練習に励む。認知症になりながらも、50年ぶりに大劇場へ向かったひかるの祖母と、ファントムとの再会シーンに感動した。華やかさの裏側の壮絶さが伝わった。 …続きを読む
    えっこ
    2019年12月04日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品