自閉症のうた

『自閉症の僕が跳びはねる理由』の東田直樹、書き下ろし最新エッセイ!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年05月26日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784044002831
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

自閉症のうた

『自閉症の僕が跳びはねる理由』の東田直樹、書き下ろし最新エッセイ!

  • 著者 東田 直樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年05月26日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784044002831

『自閉症の僕が跳びはねる理由』の東田直樹、書き下ろし最新エッセイ!

命というものは
つなぐものではなく
完結するものだ――

『自閉症の僕が跳びはねる理由』の東田直樹、書き下ろし最新刊!
NHKドキュメンタリーで執筆風景が放送された短編小説「自閉症のうた」も収録。


「命のバトン」という言葉があるが、これは命をつないで生きることを意味しているのだろうか。
僕は、命というものは大切だからこそ、つなぐものではなく、完結するものだと考えている。
……
他の人がバトンをつないでくれるという意見もあるだろう。
でも、それなら「命は完結する」でいいと思う。
それぞれの人生を完結させることでしか、人は前に進めないのではないだろうか。
――「アイルランドへ」より

(目次)
はじめに
アイルランドへ
僕たちにとっての「言葉」――作家デイヴィッド・ミッチェルとの対話
自閉症のうた

おわりに

メディアミックス情報

NEWS

「自閉症のうた」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ミッチェルさんの「直樹君にとって言葉とは何ですか」との問いに対する答えが「青い海のようなもの」。みんなはこの海で自由に泳いだりもぐったりして遊ぶのに、自分はいつまでも一人ぼっちで小舟に乗り、揺られ続け ミッチェルさんの「直樹君にとって言葉とは何ですか」との問いに対する答えが「青い海のようなもの」。みんなはこの海で自由に泳いだりもぐったりして遊ぶのに、自分はいつまでも一人ぼっちで小舟に乗り、揺られ続けていると。それは自分を見失うほどの恐怖や絶望感とまで言う。それなのに、東田さんが紙に置くその言葉は、暖かく美しく、そして海のように深い。「言葉を覚えるために本を読むのではない」と言う。感情を揺り動かし豊かな時を持つ幸せ。東田さんの言葉は東田さんにしか紡げない。樹々の青葉から溢れる陽の光のようだと、いつも思う。 …続きを読む
    しいたけ
    2017年09月20日
    119人がナイス!しています
  • 対話と往復書簡はこれまで東田さんが他の本でも書いていた内容と少し被る部分もあったように感じましたが、創作「自閉症のうた」はとても良かったです。言葉にならない。上手く伝えられないけれど、当人はこんな風に 対話と往復書簡はこれまで東田さんが他の本でも書いていた内容と少し被る部分もあったように感じましたが、創作「自閉症のうた」はとても良かったです。言葉にならない。上手く伝えられないけれど、当人はこんな風に感じてるんだという部分を小説の形にしてあって、主人公は女の子だけど東田さん自身でも有るんだなと思います。 …続きを読む
    美登利
    2017年08月01日
    96人がナイス!しています
  • アイルランドのミッチェルさん(息子さんが自閉症)とのメールや手紙のやり取りや、創作「自閉症のうた」など。「自閉症のうた」の主人公の思いが娘の行動と重なり切なくもあり、参考になった。話せない辛さをこうい アイルランドのミッチェルさん(息子さんが自閉症)とのメールや手紙のやり取りや、創作「自閉症のうた」など。「自閉症のうた」の主人公の思いが娘の行動と重なり切なくもあり、参考になった。話せない辛さをこういう風に表現してくれてありがたい本。娘も私のことをうるさいと思いつつ大好きって思ってくれてるのかな。そうだといいな。 …続きを読む
    えむ女
    2017年06月23日
    46人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

東田 直樹

1992年生まれ。会話のできない重度の自閉症で、パソコンや文字盤ポインティングでのコミュニケーションが可能。
13歳で執筆した『自閉症の僕が跳びはねる理由』が世界的ベストセラーに。

最近チェックした商品