試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年05月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
376
ISBN:
9784041056042

インドラネット

  • 著者 桐野 夏生
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年05月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
376
ISBN:
9784041056042

この旅で、おまえのために死んでもいい

平凡な顔、運動神経は鈍く、勉強も得意ではない――何の取り柄もないことに強いコンプレックスを抱いて生きてきた八目晃は、非正規雇用で給与も安く、ゲームしか夢中になれない無為な生活を送っていた。唯一の誇りは、高校の同級生で、カリスマ性を持つ野々宮空知と、美貌の姉妹と親しく付き合ったこと。だがその空知が、カンボジアで消息を絶ったという。空知の行方を追い、東南アジアの混沌の中に飛び込んだ晃。そこで待っていたのは、美貌の三きょうだいの凄絶な過去だった……

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「インドラネット」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 桐野 夏生は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。表紙とタイトルから舞台はインドかと思いきや、全く先が読めない展開、最後まで楽しめました。著者は、前作の『日没』といい、第二の全盛期かも知れません。 桐野 夏生は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。表紙とタイトルから舞台はインドかと思いきや、全く先が読めない展開、最後まで楽しめました。著者は、前作の『日没』といい、第二の全盛期かも知れません。今年のBEST20候補です。 https://www.kadokawa.co.jp/topics/5867 …続きを読む
    starbro
    2021年06月14日
    347人がナイス!しています
  • 自主性が無く怠惰に流れる主人公・八目晃は、高校時代の親友・野々宮空知の父親の葬式でカンボジアで失踪した空知とその姉妹を探してほしいとの依頼を受けて単身カンボジアへ旅立つ。 海外旅行すら経験が無くまった 自主性が無く怠惰に流れる主人公・八目晃は、高校時代の親友・野々宮空知の父親の葬式でカンボジアで失踪した空知とその姉妹を探してほしいとの依頼を受けて単身カンボジアへ旅立つ。 海外旅行すら経験が無くまったく使えない男・晃は案の定ダメダメで次々と不幸の連鎖に嵌って行くが同時にしぶとさと逞しさも身につけて成長してゆく。 そして最後に辿り着いた真実は… えっ、何それ! そして幕切れがそれ!? 表紙の絵に興味そそられたんですけどねぇ <(^_^; …続きを読む
    射手座の天使あきちゃん
    2022年02月06日
    274人がナイス!しています
  • 親友の父の葬式で、カンボジアで失踪した野々宮空知とその姉妹を探してほしいと依頼を受けた八目晃は、仕事を辞め、初めての海外に旅立つ。旅慣れない晃は苦労をしながら、人探しを続けるが・・。「深夜特急」を彷彿 親友の父の葬式で、カンボジアで失踪した野々宮空知とその姉妹を探してほしいと依頼を受けた八目晃は、仕事を辞め、初めての海外に旅立つ。旅慣れない晃は苦労をしながら、人探しを続けるが・・。「深夜特急」を彷彿とさせる海外での行き当たりばったり感だが、自己肯定感の低い主人公のクズっぷりと誰が味方で誰が敵かわからないスパイ小説のような壮大さのアンバランスさ、友情とも愛情とも言えない空知への想い、吉見の死の真相、そしてなりより、インドの話かと思わせるタイトルと装丁など、違和感と消化不良感が残ってしまった。 …続きを読む
    ウッディ
    2021年11月03日
    221人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品