試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

カドフェス2021
カドフェス2021
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年05月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
376
ISBN:
9784041056042

インドラネット

  • 著者 桐野 夏生
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年05月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
376
ISBN:
9784041056042

この旅で、おまえのために死んでもいい

平凡な顔、運動神経は鈍く、勉強も得意ではない――何の取り柄もないことに強いコンプレックスを抱いて生きてきた八目晃は、非正規雇用で給与も安く、ゲームしか夢中になれない無為な生活を送っていた。唯一の誇りは、高校の同級生で、カリスマ性を持つ野々宮空知と、美貌の姉妹と親しく付き合ったこと。だがその空知が、カンボジアで消息を絶ったという。空知の行方を追い、東南アジアの混沌の中に飛び込んだ晃。そこで待っていたのは、美貌の三きょうだいの凄絶な過去だった……
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

メディアミックス情報

NEWS

「インドラネット」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 桐野 夏生は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。表紙とタイトルから舞台はインドかと思いきや、全く先が読めない展開、最後まで楽しめました。著者は、前作の『日没』といい、第二の全盛期かも知れません。 桐野 夏生は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。表紙とタイトルから舞台はインドかと思いきや、全く先が読めない展開、最後まで楽しめました。著者は、前作の『日没』といい、第二の全盛期かも知れません。今年のBEST20候補です。 https://www.kadokawa.co.jp/topics/5867 …続きを読む
    starbro
    2021年06月14日
    185人がナイス!しています
  • インドラネットって何だろうと思いながら、表紙も含めどことなく惹かれて読んだら最後まで楽しめた作品だった。冒頭からかなり怪しげな話が出てくるが、目の前のことに嫌気がさしていた自堕落な主人公の晃は自棄気味 インドラネットって何だろうと思いながら、表紙も含めどことなく惹かれて読んだら最後まで楽しめた作品だった。冒頭からかなり怪しげな話が出てくるが、目の前のことに嫌気がさしていた自堕落な主人公の晃は自棄気味に一路カンボジアへ。初の異国に戸惑い、あららな感じの彼。さらに出てくる人がみな胡散臭い。大丈夫なのかと思ったが、意外にも追い詰められるほど純粋な気持ちを強めていく彼の姿が何か印象的だった。現地の哀しい歴史と地続きの現在の空気感を感じさせる描写。そして桐野さんに晃と共に手玉の取られるような展開の妙味を味わえた。 …続きを読む
    buchipanda3
    2021年06月15日
    100人がナイス!しています
  • 桐野夏生さんは自分の御贔屓作家だが、最近出版ペースが早くて嬉しい。本作の内容も充実していた。主人公の八目晃は、何の取り柄もない非正規雇用の冴えない25歳の青年。そんな人物が高校から付き合っていた、カリ 桐野夏生さんは自分の御贔屓作家だが、最近出版ペースが早くて嬉しい。本作の内容も充実していた。主人公の八目晃は、何の取り柄もない非正規雇用の冴えない25歳の青年。そんな人物が高校から付き合っていた、カリスマ性を持つ友人、野々宮空知の行方が分からなくなり、カンボジアに探しに行く話。今まで海外旅行の経験もなく、パスポートを取得し旅に出るが、本当に頼りない。苦労して空知の事を調べるがやがて消息は知れる。この冒険談がとても面白い。カンボジアの昔と今も知る事ができて、思わぬラストも含め、興味深い内容だった。 …続きを読む
    のぶ
    2021年06月15日
    81人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品