緑の毒

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048742351

緑の毒

  • 著者 桐野 夏生
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048742351

嫉妬、妄想、昂奮。その愉楽に、医師は溺れた。暗い衝動をえぐる邪心小説!

妻あり子なし、39歳、開業医。趣味、ヴィンテージ・スニーカー。連続レイプ犯。水曜の夜ごと、川辺は暗い衝動に突き動かされる。救急救命医と浮気する妻に対する、嫉妬。邪悪な心が、無関心に付け込む時――。
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「緑の毒」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白い、面白いんですよ、だからこそ一気にイケたわけだし。でもここ最近の桐野作品には「毒気」が足りないんでは?この作品にしたって、ラストレイプ犯が追い詰められてからが「極み」だと思うのに、なんとも拍子抜 面白い、面白いんですよ、だからこそ一気にイケたわけだし。でもここ最近の桐野作品には「毒気」が足りないんでは?この作品にしたって、ラストレイプ犯が追い詰められてからが「極み」だと思うのに、なんとも拍子抜け。桐野さんを読むたびに『OUT』みたいな衝撃を期待してしまう私がいるんですよね...。 …続きを読む
    ミカママ
    2015年04月27日
    196人がナイス!しています
  • 川辺は医者になって人生勝ち組になったと確信したに違いない。しかし医師のカーストで最下位である開業医にしかなれず、そのために多額の借金を背負いながら自分より上位カーストの勤務医である妻に不倫された屈辱と 川辺は医者になって人生勝ち組になったと確信したに違いない。しかし医師のカーストで最下位である開業医にしかなれず、そのために多額の借金を背負いながら自分より上位カーストの勤務医である妻に不倫された屈辱と劣等感がレイプという形で爆発する。周辺の登場人物も「人生こんなはずではなかった」という底辺意識の塊ばかりで、誰ひとり共感できるキャラはいない。ネットを通じて被害者が結びつき川辺を追い詰めていくプロセスも、偶然の出会いを多用しすぎだ。プロットは面白いのだから、もう少し人物造型や物語の構成を細かくしてほしかった。 …続きを読む
    パトラッシュ
    2021年02月06日
    185人がナイス!しています
  • あら?気がつけば有り触れた娯楽小説に終わってしまった。桐野夏生著書への期待度に対して結末が拍子抜けでは?奥付によると、2003年12月開始で2011年5月終了の全12回不定期連載らしいが、確かな構想に あら?気がつけば有り触れた娯楽小説に終わってしまった。桐野夏生著書への期待度に対して結末が拍子抜けでは?奥付によると、2003年12月開始で2011年5月終了の全12回不定期連載らしいが、確かな構想に基づいた長期連載だったのか、成り行きで纏めてみました的なモノなのか判定困難。本文中に直截的な描写はなかったけど、エピグラフから想像すると、タイトルは green-eyed の意訳ってことですね。 …続きを読む
    takaC
    2012年03月27日
    164人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

桐野 夏生(きりの・なつお)

1951年金沢生まれ。99年『柔らかな頬』で直木賞、2003年『グロテスク』で泉鏡花文学賞、04年『残虐記』で柴田錬三郎賞、05年『魂萌え!』で婦人公論文芸賞、08年、『東京島』で谷崎潤一郎賞、09年『女神記』で紫式部文学賞、10年『ナニカアル』で島清恋愛文学賞、11年読売文学賞。04年、英訳版『OUT』で日本人初のエドガー賞候補となる。

最近チェックした商品