オリンピックがやってきた 1964年北国の家族の物語

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年09月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784041055724

オリンピックがやってきた 1964年北国の家族の物語

  • 著者 堀川 アサコ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年09月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784041055724

1964年東京五輪開催の年、青森にとてもやさしい家族がいました

1964──昭和39年。東京五輪開催を控え日本中が沸く頃、青森のある町にて。田舎では戦争の影がかすかに残る。でも七人家族の前田家は今日も元気。小学生の民子の日常はきらきらしている。待望のカラーテレビに興奮し、学校では「ひょっこりひょうたん島」の話に夢中。まだすべての人が豊かでなく、悲しいこともたくさんある。でも皆が東京五輪を待ち望んでいたあの日、心には希望があった。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「オリンピックがやってきた 1964年北国の家族の物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • オリンピックに大騒ぎする物語かと思ったら、1964年青森の家族とご近所さんたちのほのぼのした物語、西洋館に住むロシア人の正体不明の奥様と住み込みのトキさん、祖父母、警察官の父と母、役所に勤める叔父さん オリンピックに大騒ぎする物語かと思ったら、1964年青森の家族とご近所さんたちのほのぼのした物語、西洋館に住むロシア人の正体不明の奥様と住み込みのトキさん、祖父母、警察官の父と母、役所に勤める叔父さん、小学生の民子に弟の公平とその時代の典型的な3世代家族の前田家それぞれの物語、堀川さんにしてはホラー色は薄く古き時代のちょっと笑えたり少しのミステリーとホラーの混じったエピソード「人間って、良いことをするようにできてるんですよ。」 性善説が信じられた時代、楽しかったです。 …続きを読む
    みかん🍊
    2017年10月26日
    101人がナイス!しています
  • 昭和39年の東京オリンピックを目前に控えた青森。洋館に住むロシア人の奥様と女中のトキ、そして近所の前田家の面々を中心とした連作短編集。成長期にはあったが貧しさも残っていたが今と変わらぬ嫁姑問題、小学校 昭和39年の東京オリンピックを目前に控えた青森。洋館に住むロシア人の奥様と女中のトキ、そして近所の前田家の面々を中心とした連作短編集。成長期にはあったが貧しさも残っていたが今と変わらぬ嫁姑問題、小学校でのヒエラルキーと共に、女衒っていつ頃までいたんだろう。トキの生い立ちと奥様との出会いの話が好き。登場人物も懐かしさを感じる。オリンピックで一般家庭にも入ってきたカラーテレビ、色の調整のつまみがあった。友達の家で、これでいいの!とその家のお母さんに言われ絶対違うと思いながら緑色の黄金バットを見せてもらったな。 …続きを読む
    モルク
    2020年11月12日
    95人がナイス!しています
  • 1964年の青森。ある家族を中心に、北国の小さな町に暮らす人たちの悲喜こもごもをペーソスたっぷりに描きます。明るいタッチですが、思ったより切なくて悲しい人生模様。時には過酷で読むのがつらいものも。それ 1964年の青森。ある家族を中心に、北国の小さな町に暮らす人たちの悲喜こもごもをペーソスたっぷりに描きます。明るいタッチですが、思ったより切なくて悲しい人生模様。時には過酷で読むのがつらいものも。それでもユーモアに溢れた文章は優しく、郷愁を誘います。読み終わった時には、ほんわかと心が温かくなりました。 …続きを読む
    はる
    2017年09月28日
    72人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品