試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年02月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784047036154

仏教からよむ古典文学

  • 著者 末木 文美士
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784047036154

源氏物語から漱石まで──物語と仏教の緊張関係から文学に新たな光をあてる

出家に憧れながらも愛欲の世界にとどまり、
歯がゆい生を送ったように見える源氏物語の登場人物たち。
しかしその曖昧さの中にこそ、日本の思想と文学を貫く、
王権と仏法の緊張関係が示されているのではないか──。
源氏・平家物語から徒然草、能、平塚らいてう、夏目漱石まで。
仏教という補助線によって、顕/冥、男性/女性、夢/現などの
物語構造を浮かび上がらせ、日本文学の新たな魅力を引き出す全6章。

もくじ

 【目次】

1 源氏物語と仏教

2 平家物語と仏教

3 能と仏教

  修羅の救い
  大和をめぐる能と宗教
  中世思想の転回と能

4 仏典とその受容

  仏教経典概論
  経典に見る女性
  仏教と夢
  西欧における日本仏教の紹介

5 思想と文学の間

  真福寺写本から見た中世禅
  思想家としての無住道暁
  『徒然草』の酒談義
  良寛と仏教――『法華讃』をどう読むか
  禅と女性

6 愛と修道――漱石のジェンダー戦略

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「仏教からよむ古典文学」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『源氏物語』をよむと、仏教の位置づけがなんだか腑に落ちなくて(僧を身近に置きつつも信用してない&見下してる感じ)、なんだろなーと思っているところに、「源氏物語と仏教」という項が含まれていたので読んでみ 『源氏物語』をよむと、仏教の位置づけがなんだか腑に落ちなくて(僧を身近に置きつつも信用してない&見下してる感じ)、なんだろなーと思っているところに、「源氏物語と仏教」という項が含まれていたので読んでみました。まあ、その点で直接に参考になる話ではなかったと思うけれど、平安時代でも仏教ってまだ社会への受け入れ(位置づけ)過渡期だなあということはしみじみと。仏教伝来以前の他界感・宗教観との融合がキメラ的な。この本全体の感想としては、全体に女性への目配りが行き届いていて、うむうむと思います。 …続きを読む
    ArenasR
    2018年04月21日
    2人がナイス!しています
  • 難しかった~。 古典と仏教が密接に関係していることがわかりました。 難しかった~。 古典と仏教が密接に関係していることがわかりました。
    keico
    2018年03月22日
    0人がナイス!しています
  • タイトルは仏教から読む古典文学だが、文学と関係ない論文も多数収録されているので文学目当てに読む人は注意が必要。また源氏物語や平家物語についてのある程度の知識がないとついていくのが難しいかもしれない。本 タイトルは仏教から読む古典文学だが、文学と関係ない論文も多数収録されているので文学目当てに読む人は注意が必要。また源氏物語や平家物語についてのある程度の知識がないとついていくのが難しいかもしれない。本書の特徴としては今までは著者が向き合ってきた”他者”が死者であったのとは対照に女性が向き合うべき他者となっていることである。仏教と古典文学に関係に興味がある読者よりも仏教と女性の関係性に興味がある読者向けと言える。 …続きを読む
    ikeikeikea
    2018年03月21日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品