日本の思想をよむ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年05月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784044000899
ニコカド祭り2020

日本の思想をよむ

  • 著者 末木 文美士
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年05月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784044000899

転換期をいかに生きるか。伝統、日本とはなにか。現代人ための日本思想入門

転換期をいかに生きるか。伝統とは、日本とはなにか。
古事記、 仏典から国家論、そして日本国憲法まで――。
思想史を彩る43編を、現代人のために今、ひらく。

「自然を考え、人間を考え、社会や国家を考えるのに、先人たちはこんなにすばらしいさまざまなヒントを与えてくれる。日本の思想がこれほど多様で新鮮なアイディアに満ちていることに、読者は驚くであろう。あらゆる側面で行き詰まり、閉塞状況に陥った今日、過去を顧みることは決して逃避ではなく、むしろそこにこそ未来へと向かう豊かな源泉がある。それを生かさずに、どうしてこれからの日本を築くことができるのであろうか。そんな思いを共有できる人が、少しでも出ることを心から願っている。」(著者)

もくじ

はじめに

1 自然と人間

 空海 『弁顕密二教論』
 鴨長明 『方丈記』
 安藤昌益 『統道真伝』
 宮沢賢治 『二十六夜』
 南方熊楠 『土宜法龍宛書簡』

2 死者からの問いかけ

 源信 『往生要集』
 慈円 『愚管抄』
 平田篤胤 『霊の真柱』
 柳田国男 『先祖の話』
 田辺元 『メメント モリ』

〈日本の思想を考える1〉三つの伝統

3 超俗から世俗へ

 最澄 『山家学生式』
 法然 『選択本願念仏集』
 叡尊 『感身学正記』
 夢窓 『夢中問答集』
 蓮如 『蓮如文集』
 鉄眼 『化縁の疏』

4 身体への眼差し

 栄西 『喫茶養生記』
 明恵 『夢記』
 聖戒 『一遍聖絵』
 世阿弥 『風姿花伝』
 一休 『狂雲集』
 白隠 『夜船閑話』

5 仏教の真髄

 親鸞 『教行信証』
 道元 『正法眼蔵』
 無住 『沙石集』
 不干斎ハビアン 『妙貞問答』
 鈴木正三 『驢鞍橋』
 富永仲基 『出定後語』
 和辻哲郎 『古寺巡礼』

〈日本の思想を考える2〉大伝統をどう見るか

6 「日本」とはなにか

 『古事記』 
 本居宣長 『紫文要領』
 内村鑑三 『基督信徒のなぐさめ』
 中山みき 『みかぐらうた』
 鈴木大拙 『日本的霊性』
 西田幾多郎 『場所的論理と宗教的世界観』
 丸山真男 『日本の思想』

7 社会と国家の構想

 日蓮 『立正安国論』
 伊藤仁斎 『童子問』
 吉田松陰 『講孟余話』
 福沢諭吉 『文明論之概略』
 清沢満之 『精神主義』ほか
 『国体の本義』
 『日本国憲法』

 年 表
 ブックガイド
 あとがき

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「日本の思想をよむ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 4ページひと項目で、日本の長い歴史で、宗教から思想にかかわる名著をなんでも紹介してゆく。章ごとのまとめはかんたんすぎて、統一感はない。ただ、面白いトピック(鎌倉仏教中心主義への批判が起こっている、など 4ページひと項目で、日本の長い歴史で、宗教から思想にかかわる名著をなんでも紹介してゆく。章ごとのまとめはかんたんすぎて、統一感はない。ただ、面白いトピック(鎌倉仏教中心主義への批判が起こっている、など)もあり、さらっと読むのがよいのかな。 …続きを読む
    吟遊
    2017年01月08日
    5人がナイス!しています
  • 著者は日本の思想の変遷を3つの区分で示している。明治以前、明治以後から敗戦まで。そして戦後。それぞれ仏教を中心とした思想、近代化の時代、戦後平和主義の時代という区分は日本の思想の基底にある部分として読 著者は日本の思想の変遷を3つの区分で示している。明治以前、明治以後から敗戦まで。そして戦後。それぞれ仏教を中心とした思想、近代化の時代、戦後平和主義の時代という区分は日本の思想の基底にある部分として読むには実に示唆に富む。その大部分は仏教の教えなどの書物が紹介されているのだが、大乗という大きな仏教の流れはありつつも個人的には栄西の喫茶養生記などは他力ではなく身体技法からの自力に通じる話で今の時代に合うのではないかと思ったり…。俗な欲望をかなえることでより高みを目指すという思索のありかたにもひかれたりした …続きを読む
    nizimasu
    2016年07月02日
    5人がナイス!しています
  • 日本の思想を考えていく上で作者が重要と考える43編の書を紹介していく本。末木氏は西洋思想の輸入が成り立たなくなった現在、日本の思想の歴史を紐解くことが混迷の現代を切り開く必須の営みであると考えている。 日本の思想を考えていく上で作者が重要と考える43編の書を紹介していく本。末木氏は西洋思想の輸入が成り立たなくなった現在、日本の思想の歴史を紐解くことが混迷の現代を切り開く必須の営みであると考えている。私もまったく同感である。元々新聞紙上に連載されていた文章を纏めたものであるため、いい意味で簡単で読みやすい。日本思想の入門書としてはかなり良く出来ている。特に、現在でも「悪魔の書」のような扱いを受けている『国体の本義』を「精巧な体系」であるとして評価している点はかなり新鮮であった。 …続きを読む
    半木 糺
    2016年06月07日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品