角川選書

日本仏教入門

名僧の教えを辿り、創造性に満ちた日本独自の仏教のすがたを明らかにする。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年03月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784047035379
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川選書

日本仏教入門

名僧の教えを辿り、創造性に満ちた日本独自の仏教のすがたを明らかにする。

  • 著者 末木 文美士
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年03月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784047035379

名僧の教えを辿り、創造性に満ちた日本独自の仏教のすがたを明らかにする。

〈目次〉
序章 「日本仏教」への視座 日本人の死生観から
第一部 日本仏教をどう見るか 「方法論」の定礎
第一章 思想史の中の日本仏教 仏教学から学際研究へ
第二章 「宗」とは何か 「顕密体制論」以後の仏教研究
第二部 日本仏教の始まり 仏教はいかに受容されたか
第三章 最澄と江南仏教 「三国史観」と中国仏教受容
第四章 大蔵経の伝来 日本仏教と高麗版大蔵経
第五章 経典の解釈と選択 教判論の展開
第三部 日本仏教の浸透 信仰と理論の諸相
第六章 神仏習合、神仏補完 アジアにおける仏教と土着諸宗教との交渉
第七章 仏教はいかにして日本化=土着化したか 『法華経』受容を中心に
第八章 阿弥陀信仰と釈迦信仰 浄土教の展開と『涅槃経』
第九章 日本仏教論争小史 日本仏教の理論はいかに鍛えられたか
第四部 日本仏教の展開=転回 実践への問い
第一〇章 戒律思想史上の鑑真 その渡来の原点へ
第一一章 密教のパワー 空海と日本の密教
第一二章 仏への一途な思い 求道者明恵と浄土教批判
終章 日本仏教の近代 〈顕冥〉の精神構造と日本仏教の新たなパラダイム
あとがき
参考文献
初出一覧

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「日本仏教入門」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日本人の宗教観(顕と冥)の関係を押さえてから読むと分かりやすい。宗派や開祖の知識ではなく、仏伝以降、南都六宗に天台、真言が入り、天台から禅宗、浄土系が派生していく様がよく分かる。宗論を重ねる中で、本覚 日本人の宗教観(顕と冥)の関係を押さえてから読むと分かりやすい。宗派や開祖の知識ではなく、仏伝以降、南都六宗に天台、真言が入り、天台から禅宗、浄土系が派生していく様がよく分かる。宗論を重ねる中で、本覚思想から仏教の大衆化、伴う堕落、一方で戒律回復運動が起きる。また兼学が当たり前の時代、密教が基調低音のように広がる中で、浄土三部経への絶対的帰依を説く浄土教系、法華経への信仰に基づく日蓮宗と、専修の仏教に変貌していく。元々は個別の論文ながら、再編集よろしきを得て、日本の仏教の全体像を示すものになっている。 …続きを読む
    曲月斎
    2015年10月01日
    24人がナイス!しています
  • 大陸の仏教と比べて日本仏教はかなりの独自性を持っている。だのに仏教の文献だけ読んでいて日本仏教がわかるのか?ということで歴史学、民族学など多視点で日本人がどう仏教を受容してきたかを述べた本。 大陸の仏教と比べて日本仏教はかなりの独自性を持っている。だのに仏教の文献だけ読んでいて日本仏教がわかるのか?ということで歴史学、民族学など多視点で日本人がどう仏教を受容してきたかを述べた本。
    TM
    2014年05月10日
    18人がナイス!しています
  • 切り口が多彩で面白かった。なんでもありな日本人の宗教観は、無秩序なわけではなく、実は秩序の上にある然るべき姿なのだと感じた。 切り口が多彩で面白かった。なんでもありな日本人の宗教観は、無秩序なわけではなく、実は秩序の上にある然るべき姿なのだと感じた。
    umeko
    2016年07月29日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品