角川新書

ネットカルマ 邪悪なバーチャル世界からの脱出

業(ごう)から逃れることを模索したブッダに、ネット時代の生き方を学ぶ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年08月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
208
ISBN:
9784040821450
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川新書

ネットカルマ 邪悪なバーチャル世界からの脱出

業(ごう)から逃れることを模索したブッダに、ネット時代の生き方を学ぶ

  • 著者 佐々木 閑
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年08月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
208
ISBN:
9784040821450

業(ごう)から逃れることを模索したブッダに、ネット時代の生き方を学ぶ

(目次)

はじめに ネットカルマとはなにか

第一章 現代社会が生んだ新しい苦

仏教はストレスと闘うために生まれた
仏教前夜――古代インドでは何が「苦」だったか
ブッダの考えた業と因果
ブッダは「生きることは苦しみだ」と気づいた
「ニュートラル」に生きるとは
善の仏教的二重構造
善のインスタント化
日本的業の世界
現代社会に現れた新しい「業」と「苦」
技術には良いも悪いもない
インターネットと業
あらゆる場面が刻々と記録されていく
業の世界に神はいない
より悪質な業
いびつな因果システム
すべての人間が「歴史上の人物」になる?
忘れてもらえない恐ろしさ
世代を超えてしまう業
くり返し降りかかる業の報い
ネットに縛られた苦しみの世界を抜け出すために

第二章 ネットカルマに対抗するために

善と悪の基準は何か
ネットの中にある善悪の二重構造
ネットの価値観から離れるために
すべて建前で生きる
ネット上のサンガ
自分自身の価値観を築く

第三章 ネットカルマが襲いかかってきたら

子どもたちに負の側面を教える
「ばれないだろう」はすでに古い考え
ネット業の報いを受けている人たちをどう受け止めるか
生老病死インターネット
ネットで苦しむ人たちへの言葉
世界観の転換
共感者がいるという確信
同じ境遇の人との連携
新たな世界を作っていこうという意志

第四章 ブッダの言葉に学ぶ

時代を超えて普遍的な価値を持つ言葉
ブッダの言葉
 ダンマパダ一六〇、一〇三、五〇、二五二、一五八ほか
 スッタニパータ第三―八五七、第三―四五ほか
真の賢人の言葉

あとがき

メディアミックス情報

NEWS

「ネットカルマ 邪悪なバーチャル世界からの脱出」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 普段ほとんど読まない新書にチャレンジ。匿名性をよいことに自分に関わりのない他者を容赦なく糾弾する者。不確実な情報をもとに個人情報を晒し英雄を気取る者。本書は近年エスカレートの一途をたどる、こうしたネッ 普段ほとんど読まない新書にチャレンジ。匿名性をよいことに自分に関わりのない他者を容赦なく糾弾する者。不確実な情報をもとに個人情報を晒し英雄を気取る者。本書は近年エスカレートの一途をたどる、こうしたネット社会の闇部分にスポットを当て、不安を感じる人々にブッダの教えがそれを解決してくれるということを易しく解説してくれている。というと堅苦しい宗教本のように感じるが、著者自身ネット利用者であるため、極めて現実的に分かりやすく「こう考えたらよい」ということを教えてくれる。仏教に興味がなくても楽しめる万人向けの良書。 …続きを読む
    じゃがー
    2018年11月17日
    27人がナイス!しています
  • ✴3 読書メーターが楽しくて最近少々依存ぎみだ、この本もネット依存から離れることなのかと思ったがチト違う、ネットカルマのカルマは業(ごう)でビッグデータによって集められた個人情報や発言が悪意ある集めら ✴3 読書メーターが楽しくて最近少々依存ぎみだ、この本もネット依存から離れることなのかと思ったがチト違う、ネットカルマのカルマは業(ごう)でビッグデータによって集められた個人情報や発言が悪意ある集められ方をしてネット上で消えることなく、自分だけでなく将来も家族を苦しめることになりかねないことだ、これをブッダの業を克服する教えと関連させている視点が面白かった、著者は100分で名著も書いている …続きを読む
    あっきー
    2019年03月16日
    7人がナイス!しています
  • 著者は(日本における「拝む仏教」とは根本的に異なる)「釈迦の仏教」を正しく伝える碩学である佐々木氏。本書ではインターネットには、古代インドにおける常識的通念であった「業(カルマ)」的な側面があると分析 著者は(日本における「拝む仏教」とは根本的に異なる)「釈迦の仏教」を正しく伝える碩学である佐々木氏。本書ではインターネットには、古代インドにおける常識的通念であった「業(カルマ)」的な側面があると分析している。ウケ狙いの馬鹿な発言・行動を行い、「社会的制裁」を受けるケースが相次いでいるが、犯した過ちに釣り合わないほどのダメージを被ってしまうのがネット社会の特徴だ。うかつに加害者にも被害者にもならないように自戒するとともに、ネット社会から無用なダメージを掬い取らないように自分を保つための助言が記されている。 …続きを読む
    アルカリオン
    2019年01月05日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

佐々木 閑

1956年福井県生まれ。花園大教授。京都大卒、同大大学院修了。専門は仏教哲学、古代インド仏教学。
著書に『科学するブッダ』等。NHK Eテレ「100分 de 名著」の解説者も務める。

最近チェックした商品