メディアワークス文庫

キネマ探偵カレイドミステリー

第23回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》受賞作!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
370
ISBN:
9784048927048
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

メディアワークス文庫

キネマ探偵カレイドミステリー

第23回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》受賞作!

  • 著者 斜線堂 有紀
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
370
ISBN:
9784048927048

第23回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》受賞作!

留年の危機に瀕するダメ学生・奈緒崎はひょんなことから、秀才でひきこもりの映画オタク・嗄井戸と出会う。彼は部屋から一歩も出ることなく、 その圧倒的な映画知識で次々と不可解な事件を解決してみせ――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「キネマ探偵カレイドミステリー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 映画を下敷きに展開されるミステリー短篇。安楽椅子探偵である嗄井戸くんとワトソン役の奈緒崎くんの取り合わせバランスが心地いい。始まりは大好きな「ニュー・シネマ・パラダイス」。この映画が好きな人には展開は 映画を下敷きに展開されるミステリー短篇。安楽椅子探偵である嗄井戸くんとワトソン役の奈緒崎くんの取り合わせバランスが心地いい。始まりは大好きな「ニュー・シネマ・パラダイス」。この映画が好きな人には展開は読めてしまうけれど、この物語の始まりにぴったりの題材だなぁと読み終えてしっくり。男の子でありながらお姫様要素満載の、悲しい過去に囚われた嗄井戸くん。色とりどりの映画に時に傷つき、時に癒されながら、元気有り余る友人の傍で笑える日がくるといいな。これからの題材映画も楽しみ。 …続きを読む
    吉田あや
    2017年03月18日
    76人がナイス!しています
  • 映画の薀蓄は、そんなにうるさくないのでサクサクと読める。主人公二人の微妙な関係が楽しいが、なんでも屋の女子高生は、 余計な感じが。嗄井戸の引きこもりの原因が、ヘビーで作品世界に合わないなぁ。次巻以降で 映画の薀蓄は、そんなにうるさくないのでサクサクと読める。主人公二人の微妙な関係が楽しいが、なんでも屋の女子高生は、 余計な感じが。嗄井戸の引きこもりの原因が、ヘビーで作品世界に合わないなぁ。次巻以降で上手く着地できるの?。。。実は映画ネタオチ? …続きを読む
    くりへ~
    2018年12月29日
    69人がナイス!しています
  • 何となく気になって電子書籍セールにて。ガチャガチャした文章だなって思ったら、デビュー作でした。引きこもりの天才と留年大学生、何でも屋の女子高生のお話。引きこもりと大学生の出会いがひどく強引だし、なんか 何となく気になって電子書籍セールにて。ガチャガチャした文章だなって思ったら、デビュー作でした。引きこもりの天才と留年大学生、何でも屋の女子高生のお話。引きこもりと大学生の出会いがひどく強引だし、なんか急に仲良くなるし、やたらと残虐な事件だったり、引きこもりの原因がとんでもなく悲惨な事件だったりと、なんか盛りだくさん。映画と謎の絡め方も強引な印象。とりあえず次は読もう、買ったし。 …続きを読む
    papako
    2018年12月07日
    63人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品