メディアワークス文庫

私が大好きな小説家を殺すまで

なぜ少女は最愛の先生を殺さなければならなかったのか?

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784049121117
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

メディアワークス文庫

私が大好きな小説家を殺すまで

なぜ少女は最愛の先生を殺さなければならなかったのか?

  • 著者 斜線堂 有紀
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784049121117

なぜ少女は最愛の先生を殺さなければならなかったのか?

 突如失踪した人気小説家・遥川悠真。その背景には、彼が今まで誰にも明かさなかった少女の存在があった。
 遥川悠真の小説を愛する少女・幕居梓は、偶然彼に命を救われたことから奇妙な共生関係を結ぶことになる。しかし、遥川が小説を書けなくなったことで事態は一変する。梓は遥川を救う為に彼のゴーストライターになることを決意するが――。才能を失った天才小説家と彼を救いたかった少女、そして迎える衝撃のラスト! なぜ梓は最愛の小説家を殺さなければならなかったのか?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「私が大好きな小説家を殺すまで」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 作中作の形式をとっている、チャレンジングな作品。邪推すれば複雑な構造の物語だと感じられる。この二人はこうなるしかなかったのかなぁ。どうしようもない虚無と絶望。 作中作の形式をとっている、チャレンジングな作品。邪推すれば複雑な構造の物語だと感じられる。この二人はこうなるしかなかったのかなぁ。どうしようもない虚無と絶望。
    佐島楓@勉強中
    2018年11月10日
    65人がナイス!しています
  • 突如失踪した人気小説家・遥川悠真。調査を進めるうちに彼の小説を愛した少女・幕居梓の存在が明らかになってゆく物語。追い詰められて絶望していた梓を偶然救ってくれた遥川。奇妙な共生関係を結んだ二人のささやか 突如失踪した人気小説家・遥川悠真。調査を進めるうちに彼の小説を愛した少女・幕居梓の存在が明らかになってゆく物語。追い詰められて絶望していた梓を偶然救ってくれた遥川。奇妙な共生関係を結んだ二人のささやかな癒やしと、小説を書けなくなってゆく遥川。何とかしたいという思い、魔が差した行為が二人の関係を決定的に変えていって、何とかしようとすればするほどすれ違って、垣間見えたいくつもの想い、ありえたかもしれない可能性が何とも切なかったですが、それでも真っ直ぐで不器用で優しかった二人らしい結末だったのかなと思いました。 …続きを読む
    よっち
    2018年11月28日
    63人がナイス!しています
  • 第23回電撃小説大賞で、「キネマ探偵カレイドミステリー」でメディアワークス文庫賞を受賞した斜線堂さんの新作。純粋な思いと狂気のぎりぎりの境目での、主人公と小説家の関係が悲しい…。一気読みでした。 第23回電撃小説大賞で、「キネマ探偵カレイドミステリー」でメディアワークス文庫賞を受賞した斜線堂さんの新作。純粋な思いと狂気のぎりぎりの境目での、主人公と小説家の関係が悲しい…。一気読みでした。
    Ammie as 妹子⛪
    2018年12月04日
    62人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品