試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年03月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
344
ISBN:
9784048926652

賭博師は祈らない

  • 著者 周藤 蓮
  • イラスト ニリツ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年03月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
344
ISBN:
9784048926652

第23回電撃小説大賞《金賞》受賞作品!

十八世紀末、ロンドン。
賭場での失敗から、手に余る大金を得てしまった若き賭博師ラザルスが、仕方なく購入させられた商品。
――それは、奴隷の少女だった。
喉を焼かれ声を失い、感情を失い、どんな扱いを受けようが決して逆らうことなく、主人の性的な欲求を満たすためだけに調教された少女リーラ。
そんなリーラを放り出すわけにもいかず、ラザルスは教育を施しながら彼女をメイドとして雇うことに。慣れない触れ合いに戸惑いながらも、二人は次第に想いを通わせていくが……。
やがて訪れるのは、二人を引き裂く悲劇。そして男は奴隷の少女を護るため、一世一代のギャンブルに挑む。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「賭博師は祈らない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 18世紀末、賭博が街の華となったロンドン。怠惰で面倒臭がりの賭博師・ラザルスは、誤って博打で大勝ちしてしまった大金で購入した、喉を焼かれた奴隷の少女リーラと共に暮らす事に…。守るものを持たなかった孤独 18世紀末、賭博が街の華となったロンドン。怠惰で面倒臭がりの賭博師・ラザルスは、誤って博打で大勝ちしてしまった大金で購入した、喉を焼かれた奴隷の少女リーラと共に暮らす事に…。守るものを持たなかった孤独な賭博師と絶望と恐怖で身が竦んでいた少女がいつの間にか一つの家族になっていく物語。希望を徹底的に折られ、不安と疑念ばかり瞳に浮かべていたリーラが、ラザルスと過ごす日常の中で年頃の少女らしい表情を取り戻していく様子が良く、己の人生を賭け金にしてでもリーラを手放したくない程に彼女を大切に想うラザルスがカッコいい。 …続きを読む
    スズ
    2017年11月22日
    111人がナイス!しています
  • 頭を撫でる。というわけで今年の金賞作品。最近よくある奴隷少女絡みの作品だけど、それらしいところは一切ない。まぁ、話の質的にはそういうのはあまり似合わなさそうだから、それはいいかな。ただ、続きの要素も考 頭を撫でる。というわけで今年の金賞作品。最近よくある奴隷少女絡みの作品だけど、それらしいところは一切ない。まぁ、話の質的にはそういうのはあまり似合わなさそうだから、それはいいかな。ただ、続きの要素も考えながらだからかプロローグ的な高低の低さがちょっと目立ったかな。この作品はギャンブルの心理状況や高揚感を描ければ面白いけれど、そこもポイントになるかな。キャラの質は総じていいけど、続けるとラザルスとリーラ以外は使い切りになりそうなのを防げるかな …続きを読む
    中性色
    2017年03月14日
    79人がナイス!しています
  • 派手な勝利はしないをモットーにやってきた賭博師・ラクサスが、喉を焼かれ感情を失った奴隷の少女と出会うところから始まる物語。なかなか良かった。ヒロインが性奴隷ということで、一体全体どんな物語なのか気にな 派手な勝利はしないをモットーにやってきた賭博師・ラクサスが、喉を焼かれ感情を失った奴隷の少女と出会うところから始まる物語。なかなか良かった。ヒロインが性奴隷ということで、一体全体どんな物語なのか気になっていたけど、予想以上に硬派というか渋い物語だったのにはびっくり。これまでギャンブラーとして生きてきた男の誇り、生き様をこれでもか!という程感じました。ヒロインも非常に可愛らしく、彼女の為にラクサスがこれまでの信条を捨て大勝負に出るシーンはとても良かったです。これシリーズ化したら買おうかな。 …続きを読む
    まりも
    2017年03月12日
    74人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品