角川文庫(海外)

トウェイン完訳コレクション 人間とは何か

「人間は機械だ」トウェインが発表を恐れた最晩年の問題作、待望の新訳!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041053621
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫(海外)

トウェイン完訳コレクション 人間とは何か

「人間は機械だ」トウェインが発表を恐れた最晩年の問題作、待望の新訳!

  • 著者 マーク・トウェイン
  • 訳者 大久保 博
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041053621

「人間は機械だ」トウェインが発表を恐れた最晩年の問題作、待望の新訳!

「人間が自分で生み出すものは、何ひとつない――ひとつの意見でさえも、ひとつの考えでさえも、生み出すことはできないのだ」
人間は機械であると主張する老人と、人間の良心を信じる若者。
自己犠牲や母の愛などを例にあげて反駁する若者に、老人は人間の行動はすべて自己満足の結果に過ぎないと巧みな説話で導いてゆく。
アメリカ文学の巨匠トウェインならではのユーモアと鋭い洞察で人間の真理を暴く、最晩年の傑作。
解説・金原瑞人

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「トウェイン完訳コレクション 人間とは何か」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 先日読んだ『不思議な少年』が心に残り、こちらも手に取った。美少年サタンと少年のやりとりが、ここでは老人と若者との対話形式で語られており、改めて著者の哲学的思考を覗き見ることが出来た。この世に生きる動物 先日読んだ『不思議な少年』が心に残り、こちらも手に取った。美少年サタンと少年のやりとりが、ここでは老人と若者との対話形式で語られており、改めて著者の哲学的思考を覗き見ることが出来た。この世に生きる動物も人間も全ては単なる機械だというトウェイン。世の中のあらゆる善行は自己満足のためだと言いきる老人に心の闇を感じつつ、印をつけた箇所は数知れず、前作同様に魅力的な作品だった。昔、職場でボランティアをしたら〝偽善〟と言われて落ち込んだのだが、ここでの論理に当てはめるとなるほどと頷ける。読めてよかった一冊。 …続きを読む
    はたっぴ
    2017年12月24日
    84人がナイス!しています
  • カートヴォネガットが「国のない男」で”マーク・トウェインとエイブラハム・リンカーンはいまどこにいるのだろう。いまこそ必要なときだというのに。”言葉の意味が今わかる。本書では自分的には若者を応援していた カートヴォネガットが「国のない男」で”マーク・トウェインとエイブラハム・リンカーンはいまどこにいるのだろう。いまこそ必要なときだというのに。”言葉の意味が今わかる。本書では自分的には若者を応援していた。アメリカ最高の文学と評されるハックルベリー・フィンの冒険に掛かろうと思う。 …続きを読む
    マエダ
    2018年09月23日
    67人がナイス!しています
  • 人間は機械なんだぜ、というちょっと斜に構えた視点で繰り広げられる若者と老人の議論。まあ、どっちでもどうでもええですわ、というのが感想。 人間は機械なんだぜ、というちょっと斜に構えた視点で繰り広げられる若者と老人の議論。まあ、どっちでもどうでもええですわ、というのが感想。
    Kawai Hideki
    2017年07月30日
    58人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品