角川文庫(海外)

ハックルベリ・フィンの冒険 トウェイン完訳コレクション

冒険文学の原点はここにある。新訳・完全版でその感動を新たに――

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
656
ISBN:
9784042142065
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫(海外)

ハックルベリ・フィンの冒険 トウェイン完訳コレクション

冒険文学の原点はここにある。新訳・完全版でその感動を新たに――

  • 著者 マーク・トウェイン
  • 訳者 大久保 博
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
656
ISBN:
9784042142065

冒険文学の原点はここにある。新訳・完全版でその感動を新たに――

自由と開放の地を求め、相棒の黒人ジムとミシシッピ川を下る筏の旅に出るハックルベリ。様々な人種や身分の人々との触れ合いを通して、人間として本当に大切なもの、かけがえのない真実を見出してゆく。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ハックルベリ・フィンの冒険 トウェイン完訳コレクション」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『トム・ソーヤの冒険』が腕白少年が家の近所で繰り広げた冒険物語なのに対し、この作品では、ハックの行動範囲は格段に広がり、人種差別や人身売買といったかなり重い内容が描かれ、完全に大人の読み物となっている 『トム・ソーヤの冒険』が腕白少年が家の近所で繰り広げた冒険物語なのに対し、この作品では、ハックの行動範囲は格段に広がり、人種差別や人身売買といったかなり重い内容が描かれ、完全に大人の読み物となっている。生来の浮浪児でいろんなしがらみから抜け出して自由になりたいハックが、逃亡奴隷のジムをかくまおうと「地獄へ行く」決意をした強さは、残念ながらトムにはないと思う。それほど、ハックの自由への思いは強いということだ。二つの作品は、ちゃんとした家の子であるトムと、根無し草ハックの差を歴然と示している。 …続きを読む
    NAO
    2015年11月30日
    49人がナイス!しています
  • 「今日のアメリカ文学は『ハック・フィン』から生まれた」と言われているとか。私は、孤児のハックと逃亡黒人のジムが、筏でミシシッピ川を下りながら遭遇する話の中に、スティーヴン・キングの小説が思い出された。 「今日のアメリカ文学は『ハック・フィン』から生まれた」と言われているとか。私は、孤児のハックと逃亡黒人のジムが、筏でミシシッピ川を下りながら遭遇する話の中に、スティーヴン・キングの小説が思い出された。「樽」の話はキング本来のホラー風。トム演出の脱獄劇にも、キングの「ミザリー」や「グリーン・マイル」などの監獄物の断片を感じた。冗長だともされるその脱獄劇は、アメリカ人の、ヨーロッパのゴシック話に憧れる頭でっかちの読書を揶揄した物ではないか?現代のアメリカにそのゴシック話を蘇らせた事にトウェインは怒るかも? …続きを読む
    昭和っ子
    2014年01月14日
    24人がナイス!しています
  • 前作のトムソーヤの冒険と同様、軽快なユーモアがたっぷり。冒険の範囲も村からでて、事件も登場人物もダイナミックになっている。だが、冒頭の物騒な警句からうかがえる通り、前作とは打ってかわり風刺小説の色が濃 前作のトムソーヤの冒険と同様、軽快なユーモアがたっぷり。冒険の範囲も村からでて、事件も登場人物もダイナミックになっている。だが、冒頭の物騒な警句からうかがえる通り、前作とは打ってかわり風刺小説の色が濃い。この物語から垣間見える黒人の扱いから、奴隷制度、人種差別が片田舎の善良な人々の間にさえ社会的な基盤として徹底していたとは改めて自分の認識の甘さが知れた。 …続きを読む
    501
    2016年03月22日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品