試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年03月25日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041052709

芦田川

  • 著者 今井 絵美子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年03月25日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041052709

平穏な家庭が音をたてて崩れていく…闖入者は母そして妹。濃密な愛憎小説!

老いてなお「女」でいつづける母・登勢の奔放な性を嫌悪し、実家を飛び出した不器用な姉、千歳。
穏やかなだけが取り柄の凡庸な夫の伸幸とマイホームを構え、子どもにこそ恵まれなかったが、望んでいた人生を手にいれたと信じて疑わなかった。父違いの美しい妹・ユキがある日、転がり込んでくるまでは――高度経済成長期、重工業都市として発展していく福山の芦田川河口を舞台に、母と娘の葛藤、男と女の溝、生きることのどうしようもなさを、濃密に描ききった、著者の最初で最後の現代小説!

もくじ

水鶏たたく
うたかたの恋
恋々と
ハスの葉の雨雫
ゆく河の水は絶えずして

メディアミックス情報

NEWS

「芦田川」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 母親の登勢、姉の千歳、妹のユキ。なんだそれ?の展開でツッコミ所満載だけど何故か飽きずに最後まで読めました。信幸の阿保さ加減にはもう失笑しかない。2017.03.25 母親の登勢、姉の千歳、妹のユキ。なんだそれ?の展開でツッコミ所満載だけど何故か飽きずに最後まで読めました。信幸の阿保さ加減にはもう失笑しかない。2017.03.25
    2017年06月18日
    30人がナイス!しています
  • 今井絵美子さん初の現代小説、らしい。ところどころ誰の話かわからなくなるほど場面が飛ぶことがあり、慣れるまで読みづらかった。本作の母と娘、そして主人公と妹。違うタイプの女が出てくるのに、深みが感じられな 今井絵美子さん初の現代小説、らしい。ところどころ誰の話かわからなくなるほど場面が飛ぶことがあり、慣れるまで読みづらかった。本作の母と娘、そして主人公と妹。違うタイプの女が出てくるのに、深みが感じられないのが残念。そして出てくる男がまた情けない。あまり共感できない登場人物ばかりだった。 …続きを読む
    のんすけ
    2018年09月30日
    28人がナイス!しています
  • よく知っている場所が舞台の本は読むのが楽しい。しかし芦田川を毎日、見て育っていた私にとってこの結末は少し悲しいものとなりました。母、妹を巻き込んだ愛憎劇はスピード感もあり、備後弁もばっちりで、楽しめる よく知っている場所が舞台の本は読むのが楽しい。しかし芦田川を毎日、見て育っていた私にとってこの結末は少し悲しいものとなりました。母、妹を巻き込んだ愛憎劇はスピード感もあり、備後弁もばっちりで、楽しめるのですがラストがなぁ。ローズタウンは明王台?福山競馬場は一度も行くことなく、無くなってしまい残念だったことを思い出しました。 …続きを読む
    リノン
    2017年06月09日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品