人体 ミクロの大冒険 60兆の細胞が紡ぐ人生

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041049587

人体 ミクロの大冒険 60兆の細胞が紡ぐ人生

  • 著者 NHKスペシャル取材班
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041049587

生命が40億年の歳月をかけてつくりあげた壮大な仕組みを巡る旅へ――

人はどのような細胞の働きによって生かされ、そして、なぜ老い、死ぬのか。本書は私たちが個として生まれ、成長し、死ぬ仕組みを読み解こうという壮大な「旅」である。大反響を呼んだ番組を文庫化。

【目次】
はじめに
第1章 「私たちが生きている」ということ
第2章 成長とは何か ~誕生から思春期まで~
第3章 あなたを変身させる“魔法の薬”
第4章 老いと死 宿命との戦い
終章  もうひとつのエピジェネティクス
あとがき


メディアミックス情報

NEWS

「人体 ミクロの大冒険 60兆の細胞が紡ぐ人生」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 信頼のNスペ取材班の本。エピジェネティクスの入門書として最適。再読枠入り。□小さく生んで大きく育てるというのが人間の生命戦略。幼年期、成長期を経て生殖が可能になるシステムは、けっこう色々複雑にできてる 信頼のNスペ取材班の本。エピジェネティクスの入門書として最適。再読枠入り。□小さく生んで大きく育てるというのが人間の生命戦略。幼年期、成長期を経て生殖が可能になるシステムは、けっこう色々複雑にできてるんだぜという話。学習臨界期は命に関わる仕組みを確定させる上でやむを得ないとか、社会的行動を促すホルモンがあるとか、成長と老化のトレードオフとか。最新の研究を惜しげもなく開示してくれてて、ものすごくありがたい。□こういう本が出るためならNHKの受信料は払わにゃならんよなあ。 …続きを読む
    Miyako Hongo
    2018年05月13日
    12人がナイス!しています
  • 「ヒューマン」がとても良かったのでこちらにも興味を持ち、手に取って見ました。細胞に焦点を当ててヒトを読み解く試み。さすがテレビ局の本です。文章がわかりやすくドラマチックで、最後までワクワクドキドキしな 「ヒューマン」がとても良かったのでこちらにも興味を持ち、手に取って見ました。細胞に焦点を当ててヒトを読み解く試み。さすがテレビ局の本です。文章がわかりやすくドラマチックで、最後までワクワクドキドキしながら読み終えました。この本で初めてエピジェネティクスという言葉を知りました。胎内経験がその後の人生を左右する。その経験は遺伝するかもしれない。私がヒトに対して持っていたイメージを覆す内容でした。見たこともない景色が広がっているミクロの大冒険、大変楽しませてもらいました。 …続きを読む
    pencocco
    2017年07月18日
    1人がナイス!しています
  • 細胞における最大・最小・最多、全部知りませんでした。ひとつ賢くなりました。地球上の生物は細胞たちの連携で生かされている。そういう意味では単細胞生物も人間も同じ。人間も他の生物も一つの可能性の帰結でしか 細胞における最大・最小・最多、全部知りませんでした。ひとつ賢くなりました。地球上の生物は細胞たちの連携で生かされている。そういう意味では単細胞生物も人間も同じ。人間も他の生物も一つの可能性の帰結でしかないのかも。胎内にいるときから外界に適応する準備が始まっているのですね…。飢餓状態はともかく不安に対する耐性まで決定されるなんてびっくりだ。ガン化の危険をおかして増加するより何もせず居座る方がマシという理屈は人生においても応用が利きそう・笑 …続きを読む
    ふぃすか
    2017年05月06日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品