試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年12月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784047035942

死者と先祖の話

  • 著者 山折 哲雄
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年12月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784047035942

死を思え、死者を凝視めよ。日本古来の死生観を見つめ直す、著者入魂の書

都市化や延命長寿化がすすみ、人々と宗教との関わり方、寺院や墓のあり方が激変する時代、死を棚上げしたまま、無葬無墓・寺院消滅・脱宗教等の社会現象だけが肥大化してきている。日本人は死をどのように受け止めて、死者はどう供養され、先祖たちはどのように祀られてきたのか。そしていま、みずからや家族の死を、私たちはどのような形で迎えたらよいのか――。柳田国男『先祖の話』と折口信夫『死者の書』という、戦時下に著された二つの書をてがかりに、鎮魂・供養・往生・看取り等から、日本古来の信仰や死生観を見つめ直す。

第一章 戦後と東北
 『死者の書』と『先祖の話』
  身捨つるほどの祖国はありや
  東北――変わりゆく挽歌
  生者への励ましと慰めの歌
  内村鑑三、柳田国男の再評価
 「墳墓の地」とは何か
  頼山陽の山紫水明
 「死生観」のモデル

第二章 英霊と鎮魂
  『昭和万葉集』と原『万葉集』との落差
  肉・骨・霊の三位相
  『遠野物語』の蓮台野とダンノハナ
  霊場と道頓堀
  サンフランシスコに眠る下山逸蒼
  BC級戦犯と「愛の像」
  『世紀の遺書』に込めた懺悔

第三章 供養と骨
  霊魂をめぐる四つの柳田仮説
  折口信夫の「餓鬼阿弥蘇生譚」
  死者供養の救済システム
  餓鬼とは何か
  日本人の餓鬼観
  中原中也の「骨」
  殯とは何か
  仏舎利信仰

第四章 折口と柳田
  祟りとは何か
  『死者の書』前夜
  山越しの阿弥陀図
  死と蘇りの物語
  死者から死者への転生
  折口の「死者」から柳田の「先祖」へ
  柳田をめぐる三つの問い
  柳田の危機意識
  先祖とは何か

第五章 往生と看取り
  山岳信仰と万物生命観
  浄土である山頂に遺骨を納める
  「骨」の形而上学――芭蕉、一休、蓮如
  「東京だョおっ母さん」と「九段の母」
  英霊と遺骨をめぐる悲哀
  長寿化と死の恐怖
  死者のリアルを直視せよ源信――『往生要集』
  看取りと往生の実践――二十五三昧会
  死者から先祖へ――過去帳

第六章 死と生
  河鍋暁斎の衝撃
  暁斎がみた「死者」たち
  骸骨が意味するもの
  現代「九相図」からの異議申し立て
  東北再考
  今ふたたびの柳田と折口
  グレーゾーンの時代を生きる
  からだを土の中に埋めもどす
  『黒い雨』と「白骨の御文」

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「死者と先祖の話」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 重いテーマではある。が、多分これは筆者の生と死に対する自由奔放な語りなのだろう。この語りを楽しいと読むか、あまりにごちゃごちゃだとみるかは読者次第だろう。無論、筆者には関与しないところだろうけれど。 重いテーマではある。が、多分これは筆者の生と死に対する自由奔放な語りなのだろう。この語りを楽しいと読むか、あまりにごちゃごちゃだとみるかは読者次第だろう。無論、筆者には関与しないところだろうけれど。
    ブルーハート
    2018年02月08日
    6人がナイス!しています
  • 折口信夫の『死者の書』、柳田国男の『先祖の話』から、日本古来の信仰と死生観を紐解く。。。 全編に流れる先祖崇拝、死者崇拝の思想。僕より32才歳上の著者の価値観は、僕には理解できない。僕にとって、死者 折口信夫の『死者の書』、柳田国男の『先祖の話』から、日本古来の信仰と死生観を紐解く。。。 全編に流れる先祖崇拝、死者崇拝の思想。僕より32才歳上の著者の価値観は、僕には理解できない。僕にとって、死者は感謝と尊敬の対象ではあるけれども、信仰心、崇拝心はないなぁ、、、 …続きを読む
    乱読家 護る会支持!
    2018年11月19日
    3人がナイス!しています
  • とわずがたりというのだろうか。 とわずがたりというのだろうか。
    onepei
    2018年03月08日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品