試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041026236

武士の職分 江戸役人物語

  • 著者 上田 秀人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041026236

表御番医師、奥右筆、目付、小納戸――江戸の「役職」を描く書き下ろし作

役目を減らすことは、役人の席を奪うこと。己の存在意義と既得権益をめぐり、武士たちは熾烈な競争を繰り広げた。世襲を旨とする幕府が、唯一実力主義を徹底した医師。大名・旗本が敵に回すことを最も恐れた奥右筆。親兄弟であろうと罪を暴き、なりふりかまわぬ手柄を求めた目付。人も羨む出世と引き替えに、お手討ちもありえた小納戸――役人たちの闘いと身につまされる宮仕えの日々を、新たな筆致で描く渾身の書き下ろし。

「やられた! するどい考証の切っ先が、読者の胸元につきつけられる。上田さんの時代小説の新しい作法に舌を捲きます」――北原進(歴史学者・品川歴史館館長)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「武士の職分 江戸役人物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 上田さんの小説は主人公の性格、必ず強い女性が登場とかワンパターンですね。でも役職、設定を変えて読者の興味を惹かせてますね、流石だなと思います。奥右筆の章が良かった。奥右筆秘帳を再読しようかな。図書館本 上田さんの小説は主人公の性格、必ず強い女性が登場とかワンパターンですね。でも役職、設定を変えて読者の興味を惹かせてますね、流石だなと思います。奥右筆の章が良かった。奥右筆秘帳を再読しようかな。図書館本 …続きを読む
    朝顔
    2016年11月28日
    46人がナイス!しています
  • 普段読まない作家さんですが、職業を題材にしてあるという新しい趣向だった。が、退屈だった。小説というより説明文が多くなんか中途半端でやっぱり合わないと思った。 普段読まない作家さんですが、職業を題材にしてあるという新しい趣向だった。が、退屈だった。小説というより説明文が多くなんか中途半端でやっぱり合わないと思った。
    えむ女
    2017年01月15日
    41人がナイス!しています
  • 時代小説に随筆をくっつけてみた感じ。江戸時代の何をしてるのかわからん謎の役職を持った武士のお話。という感じで今も昔も色々と身につまされるわけですな。うん。最後の小納戸の話に出てくる堀田様の話が本当に泣 時代小説に随筆をくっつけてみた感じ。江戸時代の何をしてるのかわからん謎の役職を持った武士のお話。という感じで今も昔も色々と身につまされるわけですな。うん。最後の小納戸の話に出てくる堀田様の話が本当に泣ける。うん、まぁそういうことです(え …続きを読む
    Koning
    2016年11月17日
    33人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

上田 秀人

1959年大阪府生まれ。大阪歯科大学卒。97年「身代わり吉右衛門」が第20回小説クラブ新人賞佳作に入選しデビュー。
2010年『孤闘立花宗茂』で第16回中山義秀文学賞受賞。14年「奥右筆秘帳」シリーズで第3回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。
その他のシリーズに「百万石の留守居役」(講談社文庫)「御広敷用人 大奥記録」(光文社文庫)「闕所物奉行 裏帳合」(中公文庫)「町奉行内与力奮闘記」(幻冬舎時代小説文庫)「禁裏付雅帳」(徳間文庫)「日雇い浪人生活録」(ハルキ時代小説文庫)など多数。16年『傀儡に非ず』(徳間書店)で著作100冊を突破した。

最近チェックした商品