試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041044759

青森わが愛

  • 著者 西村 京太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041044759

北から南へ十津川警部が駆け抜ける、トラベル・ミステリ短編集

警視庁捜査一課の日下は、刑事であることを明かさずに書道教室に通っていた。しかし十津川警部から電話が入ったことにより、職業がばれてしまう。すると、過剰な反応を先生が示して……表題作ほか4編収録。
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「青森わが愛」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「青森わが愛」短編集。どの話も読みやすいが最後が不自然だったり、よくわからなかったり、物足りなかった。著者がベテラン作家だから売れるかもしれぬが、そうでなければ見向きもされないのではないか。とは言え、 「青森わが愛」短編集。どの話も読みやすいが最後が不自然だったり、よくわからなかったり、物足りなかった。著者がベテラン作家だから売れるかもしれぬが、そうでなければ見向きもされないのではないか。とは言え、過去にベストセラー作家だった著者は出版社には充分儲けさせているだろうからこれでも良いのだろう。 …続きを読む
    fumikaze
    2017年04月03日
    11人がナイス!しています
  •  短編集。表題作に、十津川警部は出てきますが、セリフは日下刑事との電話でのやりとり位で、ほぼ活躍しません✨  カメさんは青森が舞台にも関わらず、登場すらしないと言うのも、驚きでした(^^;  日下刑事  短編集。表題作に、十津川警部は出てきますが、セリフは日下刑事との電話でのやりとり位で、ほぼ活躍しません✨  カメさんは青森が舞台にも関わらず、登場すらしないと言うのも、驚きでした(^^;  日下刑事が活躍する場面が多い、一冊となっています📕   …続きを読む
    桂 渓位
    2020年12月09日
    4人がナイス!しています
  • 最後の短編が意外な結末だった。 最後の短編が意外な結末だった。
    aaboo
    2021年05月22日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品