試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784044001445

創造的人間

  • 著者 湯川 秀樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784044001445

科学の進歩は人間に何をもたらすか。我が国初のノーベル賞受賞者の言葉。

人間のもつ創造の本質とは何か、科学と人間の関係はどうあるべきか、科学の進歩は人類に何をもたらすのか。
ゆきづまるかに見える科学文明の打開の道を模索し、人間の創造性の発現に光を見いだそうとする。日本人として初めてノーベル賞を受賞した湯川博士が、物理学に関心をもつ人だけでなく、ひろく一般の人たちに向けて、いまなお鋭い問題提起をあたえる書。
1、人間と科学
 科学文明の中の人間、科学と人間性
2、創造者としての人間
模倣と独創、科学者の創造性、創造性と自己制御、学習と研究、創造性の尊重、天才と機械
3、科学の進化
科学とは何か、学問の自由と大学の理念、科学的志向について、東洋的志向、科学的思索における直観と抽象、発展途上における中間子論、中間子以後三十年、自然認識の現段階、物理学の老化と若返り、素粒子論に関する成人学校について。
解説井上 健

もくじ

1、人間と科学
 科学文明の中の人間、科学と人間性
2、創造者としての人間
模倣と独創、科学者の創造性、創造性と自己制御、学習と研究、創造性の尊重、天才と機械
3、科学の進化
科学とは何か、学問の自由と大学の理念、科学的志向について、東洋的志向、科学的思索における直観と抽象、発展途上における中間子論、中間子以後三十年、自然認識の現段階、物理学の老化と若返り、素粒子論に関する成人学校について。
解説  井上 健


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「創造的人間」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 講演録集。活字密度ほぼ100%!なので難しい話かなと思ったけど、湯川先生の飛躍のない論理的で流れるような文章のため丁寧に読むと理解できる。でも退屈。湯川先生の人文学的な歴史資料として価値のある本かもし 講演録集。活字密度ほぼ100%!なので難しい話かなと思ったけど、湯川先生の飛躍のない論理的で流れるような文章のため丁寧に読むと理解できる。でも退屈。湯川先生の人文学的な歴史資料として価値のある本かもしれない。この本のテーマは「人の創造性はどこから来るのか?」。生物物理学にも興味を持っている。後半はおじいさんの戯言のようにも受け取れる。よくあるような「私が若い頃は」「昔はゆっくりした時代だった」云々。学者気質満載の理想論の本かな。 …続きを読む
    まじぇすた
    2017年05月31日
    3人がナイス!しています
  • 創造性とは何かについて、日本人初のノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹の考察をまとめた本書。人間の創造性とは類推や直感などに基づく能力であり、機械(ロボット)は持ちえないとする。例えば、人間は類推して物 創造性とは何かについて、日本人初のノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹の考察をまとめた本書。人間の創造性とは類推や直感などに基づく能力であり、機械(ロボット)は持ちえないとする。例えば、人間は類推して物事の類似性に気づくことができるが、ロボットはそれを作った人間が知っている類似性を利用するだけであり、創造的とはいえない。人間とロボットの違いについて、当時はそのように分けられたが、最近のロボットはディープラーニング等により、人間のアイデンティティたる「創造性」まで身につけつつあるので、違いはほぼないのかも。 …続きを読む
    トッポ64
    2017年03月31日
    3人がナイス!しています
  • 湯川さんの他のエッセーも読んだことがあるがこれもやはり良書…上質な本である。滑らかな文体で、創造…ひいては教育について語っている。 湯川さんの他のエッセーも読んだことがあるがこれもやはり良書…上質な本である。滑らかな文体で、創造…ひいては教育について語っている。
    なんとかさん
    2018年02月17日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品