試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784044094300

旅人 ある物理学者の回想

  • 著者 湯川 秀樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784044094300

日本初のノーベル賞受賞者の回想に今の時代を生き抜くヒントが隠されている

日本初のノーベル賞受賞者である湯川博士が、幼少時から青年期までの人生を回想。物理学の道を歩き始めるまでを描く。後年、平和論・教育論など多彩な活躍をした著者の半生から学問の道と人生の意義を知る。
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

メディアミックス情報

NEWS

「旅人 ある物理学者の回想」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大変良本。これまで読まなかったことに後悔。物事を思考する尊さと面白さが経験とともに示されていると感じた。昭和30年代からの朝日新聞連載をまとめたもの。実父である京都大学教授小林琢治さんの生い立ちから、 大変良本。これまで読まなかったことに後悔。物事を思考する尊さと面白さが経験とともに示されていると感じた。昭和30年代からの朝日新聞連載をまとめたもの。実父である京都大学教授小林琢治さんの生い立ちから、湯川秀樹さん自身の東京での出生、小中高大を過ごした京都時代、結婚後の大阪時代について当時の想いとともに記した随筆。トルストイの「人生論」から自覚した社会的な責任を果たしたいとの利他的思いやり、老子より荘子を好む宿命論ではなく新しい概念の志向、そして俳句や和歌を愛する言葉と意識への思惟。人間として生きる手本だ。 …続きを読む
    ろくせい
    2018年01月12日
    55人がナイス!しています
  • 朴訥と語る理論物理学への道。表現力が秀悦!生い立ちはもちろんだが、当時の文化、生活、街並みなどの描写に躍動感があり、活き活きと頭に浮かぶ。祖父との素読が根底か。自己描写の観点では、内気となるきっかけや 朴訥と語る理論物理学への道。表現力が秀悦!生い立ちはもちろんだが、当時の文化、生活、街並みなどの描写に躍動感があり、活き活きと頭に浮かぶ。祖父との素読が根底か。自己描写の観点では、内気となるきっかけや、見合い・結婚に至る自己分析が印象的。”結果論”としての物理だが、(私生活を含めて)その経緯を見ると、哲学における物理という印象。数学テストの「66点」の件も興味深い。現代にも繋がる日本教育の問題を提起している感。それにしても「権兵衛」はすごいなぁ・・・。(笑) …続きを読む
    Willie the Wildcat
    2015年05月20日
    43人がナイス!しています
  • 日本人のノーベル物理学賞受賞に合わせ、30年ぶりに再読。 日本人のノーベル物理学賞受賞に合わせ、30年ぶりに再読。
    まひはる
    2015年10月09日
    42人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品