シュンスケ! 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年07月23日
商品形態:
電子書籍

シュンスケ!

  • 著者 門井 慶喜
発売日:
2016年07月23日
商品形態:
電子書籍

幕末の志士は皆、この男に魅了された――。新鋭作家が描く伊藤博文の一代記

伊藤俊輔、のちの伊藤博文は農民の子に生まれながらも、その持ち前のひたむきさ、明るさで周囲を魅了し、驚異的な出世を遂げる。新生日本の立役者の青年期を、さわやかに痛快に描く歴史小説。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「シュンスケ!」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 伊藤俊輔のちの伊藤博文の若き日を長州藩の消長と共に描いた歴史人物小説。綺羅星のような輝かしい人物が登場するが俊輔は誰よりも明るくそして前向きだ。いつかこの人を主人公にした明治期の小説も読んでみたいです 伊藤俊輔のちの伊藤博文の若き日を長州藩の消長と共に描いた歴史人物小説。綺羅星のような輝かしい人物が登場するが俊輔は誰よりも明るくそして前向きだ。いつかこの人を主人公にした明治期の小説も読んでみたいです。 …続きを読む
    巨峰
    2019年02月22日
    84人がナイス!しています
  • 伊藤俊輔、のちの伊藤博文の物語。百姓の家に生まれた俊輔。楽天家で柔軟な姿勢が幸運を呼ぶのか何度も窮地を脱し上っていく。物事を大きく捉え先を見通す力がずば抜けていたんだなぁ。幕末の混乱の時代を高杉晋作や 伊藤俊輔、のちの伊藤博文の物語。百姓の家に生まれた俊輔。楽天家で柔軟な姿勢が幸運を呼ぶのか何度も窮地を脱し上っていく。物事を大きく捉え先を見通す力がずば抜けていたんだなぁ。幕末の混乱の時代を高杉晋作や山縣有朋らと共に駆け抜け、新しい国家をつくろうと生きぬく様を驚き唸りながら楽しく読み終えた。その後、初代内閣閣僚一覧を見て「おー!」となった。 …続きを読む
    mint-s
    2018年11月08日
    61人がナイス!しています
  • 伊藤博文が博文と名乗る前の話=俊輔として幕末期に何をしてたか?が題材の御話。僕にとってあんまり良い印象を持たない人物💧ですが、コレが本当なら何と思慮深く、冷静にその時その時を生きていたか❗️話のキー 伊藤博文が博文と名乗る前の話=俊輔として幕末期に何をしてたか?が題材の御話。僕にとってあんまり良い印象を持たない人物💧ですが、コレが本当なら何と思慮深く、冷静にその時その時を生きていたか❗️話のキーは『すとらぐる(小説内ではひらがなでしたので)』。藩内、幕府、世界から生き残りを掛けてシュンスケが己のなりたいモノになる為駆け回る、と言った所です。ん〜、絶妙‼️と思ったのは今の松下村塾の評価をそのまんま描いている所。昔の人は『はっ💢』と立腹されるでしょうが、最新の研究評価を違和感無く伝えてます👍 …続きを読む
    如水
    2020年05月28日
    47人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品