校閲ガール

ドラマ化作品

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041042205

ドラマ化作品

校閲ガール

  • 著者 宮木 あや子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041042205

ファッション誌の編集者になるはずだったのに、どうして私が校閲に!?

憧れのファッション雑誌の編集者を夢見て、根性と気合と雑誌への愛で、 激戦の出版社の入社試験を突破し 総合出版社・景凡社に就職した河野悦子(こうの・えつこ)。
しかし、「名前がそれっぽい」という理由で(!?)、悦子が配属されたのは校閲部だった。

入社して2年目、苦手な文芸書の校閲原稿に向かい合う日々。 「こんなところ早く抜け出してやる」とばかりに口が悪い演技をしているが、 段々自分の本性がナマイキな女子であるような錯覚に陥ってくる毎日だ。
そして悦子が担当する原稿や周囲ではたびたび、ちょっとしたトラブルが巻き起こり……!?

読んでスッキリ、元気になる! 最強のワーキングガールズエンタメ☆


文庫解説=角田光代


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「校閲ガール」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ドラマが人気の20代お仕事小説。恋愛あり。校閲と校正は何が違う?多くの人は違いを説明できないはず。ファッション誌の編集を希望したのに配属は文芸の校閲部。異動の希望を持ってゲラに向かう主人公の悦子。校閲 ドラマが人気の20代お仕事小説。恋愛あり。校閲と校正は何が違う?多くの人は違いを説明できないはず。ファッション誌の編集を希望したのに配属は文芸の校閲部。異動の希望を持ってゲラに向かう主人公の悦子。校閲は内容を【読んだらダメ】。俯瞰した目を求められる。その半面、内容に口を出さないという不文律あり。悦子はこれを破る。再読だが、【本を作ること】の深さがイマイチ表現できていないように感じる。宮木は【突き抜けた面白さ】が魅力だが、本書はそれを生かし切れているか疑問が残った。続きはあるがすぐに読もうとは思わない。 …続きを読む
    zero1
    2019年10月16日
    219人がナイス!しています
  • ファッション誌の編集者を目指して出版社に就職した河野悦子は名前がそれっぽいから、という理由で校閲部に配属になる…というお話です。ドラマ見てたので関係性が変わってるんだと驚きつつイメージしやすかったです ファッション誌の編集者を目指して出版社に就職した河野悦子は名前がそれっぽいから、という理由で校閲部に配属になる…というお話です。ドラマ見てたので関係性が変わってるんだと驚きつつイメージしやすかったです。 悦子の暴言は結構なものだけど不快にならないのは仕事をきっちりしたり信念に基づいた人物像が確立してるからかな。貝塚との応酬は小気味よかったです。ちょっとモヤモヤしてる時に読んで笑ってスッキリできる作品でした。続刊もそのうち。 …続きを読む
    とも
    2018年03月22日
    201人がナイス!しています
  • ドラマ化ということで読んでみた。テンポが良く読みやすい。ファッション雑誌の編集部を目指して出版社に入ったものの配属された先は校閲部。ちょっぴり口は悪いが物怖じせずに言える性格、意外と人思いなところ、好 ドラマ化ということで読んでみた。テンポが良く読みやすい。ファッション雑誌の編集部を目指して出版社に入ったものの配属された先は校閲部。ちょっぴり口は悪いが物怖じせずに言える性格、意外と人思いなところ、好きなものに一直線な純粋さ、ずば抜けた記憶力、なんだかんだも仕事はきちんとやるし…と、とても魅力的な悦子に心を掴まれた。また彼女を取り巻く仲間たちも個性的な人たちが多く、みんなで物語を盛り上げている。読んでいると元気になれるし、とても清々しい。なんとなくしか知らなかった校閲のお仕事の理解も深まり新鮮だった。 …続きを読む
    ☆ゆう☆
    2016年09月21日
    160人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品