角川文庫

エリートの転身

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041041192
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

エリートの転身

  • 著者 高杉 良
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041041192

起業、転職、左遷、解雇――。40歳は人生の転機!

ビジネスの第一線で活躍する4人のサラリーマンが40歳で迎えた転機。このまま定年まで今の会社で働き続けるのか? それぞれの人生を賭した決断を描く。著者自身による、後日談を含むあとがき解説を収録。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「エリートの転身」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • それぞれ結末まで記述がなく、残念。続きはそれぞれでなのかもしれないが、モヤモヤ感満載。 それぞれ結末まで記述がなく、残念。続きはそれぞれでなのかもしれないが、モヤモヤ感満載。
    330
    2016年07月16日
    6人がナイス!しています
  • 社内政治の大変さ、狡猾な上司がいると組織が歪んでいく様がわかります。 社内政治の大変さ、狡猾な上司がいると組織が歪んでいく様がわかります。
    モビエイト
    2016年07月14日
    6人がナイス!しています
  • あとがきを読んで、事実がベースになっていると知り、少し驚き。特に、表題作「エリートの転身」でのエリート証券マンからショコラティエの転身はなかなか思い切った決断。事実は小説より奇なり、という驚きの展開。 あとがきを読んで、事実がベースになっていると知り、少し驚き。特に、表題作「エリートの転身」でのエリート証券マンからショコラティエの転身はなかなか思い切った決断。事実は小説より奇なり、という驚きの展開。内容は、エリートサラリーマンが遭遇する転職、左遷、解雇等を描いた短編集。ただ、いずれも結末までは書かれていないので消化不良の感じは否めない。社内の権力抗争や人間関係など、時代設定もやや古めかしい印象。自分なら本当にこんな行動をとるのか、いろいろな登場人物に当てはめて考えてみても、違和感がある点が多々あり。 …続きを読む
    masa
    2016年12月08日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品