角川文庫

高校入試

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年03月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041038093

角川文庫

高校入試

  • 著者 湊 かなえ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年03月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041038093

湊かなえが放つ、『告白』以来の学校ミステリ!

悪意は拡散する――。衝撃の結末が待ち受ける、『告白』以来の学校ミステリ!

この作品を書けたことで、小説家として次のステージに一歩進むことができました。
――湊かなえ

県下有数の公立進学校・橘第一高校の入試前日。新任教師・春山杏子は教室の黒板に「入試をぶっつぶす!」と書かれた貼り紙を見つける。迎えた入試当日。試験内容がネット掲示板に次々と実況中継されていく。遅れる学校側の対応、保護者からの糾弾、受験生たちの疑心。杏子たち教員が事件解明のため奔走するが……。誰が嘘をついているのか? 入試にかかわる全員が容疑者? 人間の本性をえぐり出した、湊ミステリの真骨頂!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『高校入試』早くも話題沸騰!


『高校入試』TVスポット


「高校入試」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 高校入試当日の「入試をぶっつぶす」という事件の顛末を描く一冊。圧倒的なスケールだが、実は1日の出来事で衝撃的である。それだけ周辺の話や人物の心理描写を豊かにしているということだろう。ただ人物が多くてた 高校入試当日の「入試をぶっつぶす」という事件の顛末を描く一冊。圧倒的なスケールだが、実は1日の出来事で衝撃的である。それだけ周辺の話や人物の心理描写を豊かにしているということだろう。ただ人物が多くてたまに分からなくなる。人物相関図に個々の説明が欲しかった。ストーリーは湊かなえ得意のイヤミス。エゴに欺瞞に悪意に正義にと、高校入試はまるで社会の縮図のようだ。視点がコロコロ代わるのは人称がややこしくなる以外は特に気にならなかった。★★★★☆ …続きを読む
    やま
    2016年03月26日
    145人がナイス!しています
  • う~ん……。 一つの作品として、面白いことは面白いんだけど。湊かなえの作品としては、ちょっと毒気が足りない、お利口さんな作品になっていて物足りなく感じてしまう。まぁちゃんと仕事しろってことですね。やる う~ん……。 一つの作品として、面白いことは面白いんだけど。湊かなえの作品としては、ちょっと毒気が足りない、お利口さんな作品になっていて物足りなく感じてしまう。まぁちゃんと仕事しろってことですね。やることちゃんとやればちゃんと生きていける的な。一つだけ言いたいことがあるとすれば、高校とは社会に出る準備期間の場なのでは決してなく、高校とは高校生活を謳歌する場であってそれ以上でも以下でもない。ということ。高校入試ってどんなだったか思い出そうとしたけど、そういえば私は推薦で入ったので、筆記は受験しなかったんだ。 …続きを読む
    nayu
    2016年08月17日
    141人がナイス!しています
  • 2016年482冊め。元がシナリオだというのも頷けるほど、作中時間にすれば数分に満たない時間で語り手が変わる。あまりの目まぐるしさに初めのころはなかなか入り込むのが難しかった。入試を妨害する動機や共犯 2016年482冊め。元がシナリオだというのも頷けるほど、作中時間にすれば数分に満たない時間で語り手が変わる。あまりの目まぐるしさに初めのころはなかなか入り込むのが難しかった。入試を妨害する動機や共犯の存在、その立ち位置にもなるほどと思わされた。特定の公立高校礼賛主義は現実にもあるし、仕事でも学閥からは逃れられないので登場人物の気持ちは結構共感できるものがある。 …続きを読む
    扉のこちら側
    2016年06月26日
    141人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

ネット掲示板、モンスターペアレント、学歴社会、いじめ問題・・・現代社会の問題が詰め込まれていてとてもリアルに感じられました。(由喜子さん)

何が起きるのか、誰が犯人なのか・・・ついつい次が気になってページを繰る手が止まりませんでした。(あやママさん)

とても凝った構成で、終始翻弄させられました。人間の怖さ、腹黒さが見事に描かれています。(アイザックさん)

著者紹介

湊 かなえ(みなと かなえ)

1973年広島県生まれ。2007年に「聖職者」で小説推理新人賞を受賞。翌年、同作を収録した『告白』でデビュー。
2009年の本屋大賞を受賞。映画化を経て累計300万部のベストセラーに。12年「望郷、海の星」で日本推理作家協会賞短編部門を受賞。
その他の著書に『少女』『白ゆき姫殺人事件』『母性』『望郷』『絶晶』『リバース』『ユートピア』などがある。

最近チェックした商品