黒い紙

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年09月30日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784041036457

黒い紙

  • 著者 堂場 瞬一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年09月30日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784041036457

警察小説の旗手が放つ、企業謀略ミステリ!

亡命事件、スパイ疑惑、派閥抗争……
この会社は、何かを隠している。

大手総合商社に届いた、謎の脅迫状。
犯人の要求は現金10億円。
巨大企業の命運はたった一枚の紙に委ねられた。
警察小説の旗手が放つ、企業謀略ミステリ!

大手総合商社テイゲンに、同社と旧ソ連の不適切な関係を指摘する文書が届いた。現会長の糸山が、30年前に旧ソ連のスパイ活動を行ったというものだった。犯人からの要求は現金10億円。警察に届けるわけにいかないテイゲンは、秘密裏に危機管理会社「TCR」に解決を依頼。元刑事の長須が真相究明に動き出す。脅迫状に添付されていた業務日誌は、テイゲンがかつて社内で使用していた公式用箋にワープロ打ちされたものだった。果たして犯人の狙いは何か。ある事情から警察を辞めTCRに就職したばかりの長須は、正義と職務遂行の狭間で揺れながら、巨大企業の“闇”に挑む。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「黒い紙」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 堂場瞬一は、新作中心に読んでいる作家です。本作は企業小説とミステリが上手く融合していて楽しめました。但し、タイトルほど黒い内容ではない気がします。悪役がもっと強かった方が良かったかも知れません。 堂場瞬一は、新作中心に読んでいる作家です。本作は企業小説とミステリが上手く融合していて楽しめました。但し、タイトルほど黒い内容ではない気がします。悪役がもっと強かった方が良かったかも知れません。
    starbro
    2016年11月09日
    137人がナイス!しています
  • 警察官だった父が殺されたことで自分を見失い警察を辞した息子・長須が再就職した会社は危機管理会社。そこで任された仕事は・・大手総合商社にもなると綺麗ごとばかりじゃないのは想像に易い。しかし30年も前の事 警察官だった父が殺されたことで自分を見失い警察を辞した息子・長須が再就職した会社は危機管理会社。そこで任された仕事は・・大手総合商社にもなると綺麗ごとばかりじゃないのは想像に易い。しかし30年も前の事で脅迫状とは。しかも旧ソ連の亡命?スパイ?これは初リタイアかとため息が漏れる。しかしそこは堂場さん!長須の気持ちの変化と癖のある同僚と警察ばりの犯人確保には手に汗握る。一枚岩では無い企業トップに立つ者が脛に傷有りで更に経済界の頂点に登ることを阻止する為、飼い殺しにされていた者の復讐劇、ちょっと長く感じて読了。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2016年10月03日
    122人がナイス!しています
  •  大手総合商社の過去の「闇」、旧ソ連兵士の亡命事件、スパイ疑惑に隠された企業機密。一通の怪文書で幕を開ける企業ミステリー。後半に入っての盛り上がり、読了感はいいです。警察は蚊帳の外にして、極秘で事件解  大手総合商社の過去の「闇」、旧ソ連兵士の亡命事件、スパイ疑惑に隠された企業機密。一通の怪文書で幕を開ける企業ミステリー。後半に入っての盛り上がり、読了感はいいです。警察は蚊帳の外にして、極秘で事件解明がされるのが本作のミソ。主役は警察OBの面々。前半はもやもや感を抱きながら読んだ。亡命事件の全容究明をもう少し抑え気味にして、犯人像(犯行背景、動機、企業への恨み…)をもっと追求すれば面白さと厚みが増したと思う。得意先トップの前でも怖気ず毅然とした主人公・34歳独身の長須恭介は好感がもてる男で好きだ。 …続きを読む
    じいじ
    2016年10月16日
    107人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品