ぐるりよざ殺人事件 セーラー服と黙示録

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
704
ISBN:
9784041034941

ぐるりよざ殺人事件 セーラー服と黙示録

  • 著者 古野 まほろ
  • カバーイラスト 九条 キヨ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
704
ISBN:
9784041034941

ミステリ作家陣も驚愕の本格ミステリ最高傑作、ついに文庫化!

探偵養成学校・聖アリスガワ女学校春期合宿。不測の事態の末たどり着いた謎の村「鬱墓村」で起こる不可解な殺人事件に、学園屈指の探偵術を誇る三人の少女が挑む。語り継がれること必至の最上級本格ミステリ。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ぐるりよざ殺人事件 セーラー服と黙示録」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • かなり満腹感あるコッテリした本格。解決編だけで中編一本くらいのボリュームがあり、解決のはずが逆にこんがらかりそうになる特盛感。オマージュは感じられるものの、横溝のようなドロドロした雰囲気はなく、ライト かなり満腹感あるコッテリした本格。解決編だけで中編一本くらいのボリュームがあり、解決のはずが逆にこんがらかりそうになる特盛感。オマージュは感じられるものの、横溝のようなドロドロした雰囲気はなく、ライトな人物観と現代的な会話で、それでいてそれほど読みやすい訳でもなくドッシリ感がある。前作の長い助走から一気に盛り上がった。3本立ての解決編はかなり面白い。古野みずきのハウダニット部門はあっさりめだったが、ホワイダニットからの導入とフーダニットでの対決場面はかなりテンション上がる。しばらく古野作品を読み続けそう。 …続きを読む
    W-G
    2017年04月23日
    333人がナイス!しています
  • セーラー服と黙示録シリーズ第二弾。聖アリスガワ女学校。海の孤島、カトリック系探偵養成学校、その裏で奇跡を作ろうする校長ーー。学園で行われる春季合宿。事前課題と現地課題を与えられチームを組んだのは3年生 セーラー服と黙示録シリーズ第二弾。聖アリスガワ女学校。海の孤島、カトリック系探偵養成学校、その裏で奇跡を作ろうする校長ーー。学園で行われる春季合宿。事前課題と現地課題を与えられチームを組んだのは3年生のお姉さま二人、1年生の後輩二人、主役の2年生の少女三人。現地課題では、学校が徹底的に現地に設定したRPGの中で探偵活動を行う。富山村という僻地を訪れようとするも、配られた事前資料に見えるのは薄羽ヶ村ーー繰り返される鬱墓伝説。気づけば少女達は薄羽ヶ村で昏倒しており、二人の軍兵を毒殺したということになっていた。 …続きを読む
    ゆんこ姐さん@祖父母介護の毎日
    2016年02月01日
    49人がナイス!しています
  • セーラー服と黙示録シリーズの第2弾。物語しょっぱなから枢機卿がよからぬ企みをしていて、不穏だ。三人娘は、春期合宿で鬱墓村へと連れて行かれる。言わずと知れた本家を思わせる様々な要素にニヤリとしつつ、サス セーラー服と黙示録シリーズの第2弾。物語しょっぱなから枢機卿がよからぬ企みをしていて、不穏だ。三人娘は、春期合宿で鬱墓村へと連れて行かれる。言わずと知れた本家を思わせる様々な要素にニヤリとしつつ、サスペンスも冒険もありで面白く読みました。文体はかなり軽めですが、それとは裏腹にかなりカッチリとしたロジカルな推理、堪能致しました。 …続きを読む
    yumiDON
    2017年03月11日
    48人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品