仕事も人間関係もうまくいく ANAの気づかい

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年12月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
212
ISBN:
9784046013132

仕事も人間関係もうまくいく ANAの気づかい

  • 著者 ANAビジネスソリューション
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年12月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
212
ISBN:
9784046013132

たった1秒、相手のことを想像するだけで、結果は9割変わる!

本書は、ANA社員たちが日々実践してきた「気づかい」のコツをまとめたものです。勤続20年以上の現役社員、そしてOBたちにインタビューし、彼らがそれぞれの現場で努力を続け、人から人へ受け継がれてきた、いわば「口伝の技術」を初めて公開しています。

もともと「弱小エアライン」「後発」の立場からスタートしたANAの武器は、とにかく愚直に「お客様満足」を追求することだけ……。そんな状況だったから生まれた「ちょっとしたコツ」を、本書では具体的に紹介した1冊です。

【気づかいの例↓】
・気付かれない気づかいこそ「金」
・遅れるときこそ具体的に、「遅めに」伝える
・「水がほしい」の意味は100通りある
・「キドニトチカケ」の雑談で相手との距離をはかる
・上司・先輩が待ち合わせに早く行き過ぎない

もくじ

Chapter1 「気づかい」は成果に必須のビジネススキル
Chapter2 すべての気づかいは「時間を守ること」から始まる
Chapter3 「お客様をよく見る」のが接遇の基本
Chapter4 初対面で「すぐに打ち解ける」にはコツがある
Chapter5 気づかいの「マジックフレーズ」で人を動かす
Chapter6 ANA流「上司から部下」への気づかい
Chapter7 気づかいを「チーム」で活かす方法

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「仕事も人間関係もうまくいく ANAの気づかい」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ANA本。気づかいはビジネスに必須のスキル。多くの気づかい周辺の言葉がある。①「陰徳あれば陽報あり」。②「アサーション」大きな目標のため。③「情報がオープンであるほど不安がなくなる。」不安の原因はみな ANA本。気づかいはビジネスに必須のスキル。多くの気づかい周辺の言葉がある。①「陰徳あれば陽報あり」。②「アサーション」大きな目標のため。③「情報がオープンであるほど不安がなくなる。」不安の原因はみな共通、快適は人それぞれ。④「衣食住をを考える」の住は快適もあることに気づかされた。⑤「本当の要望」顧客要望の深耕。⑥挨拶⑦「キドニトチカケ」⑧言葉でなく目で確認(図面など)。⑨皆の面前でしてよい・してはいけないこと。叱るのは「ルール違反」「怠慢」「手抜き」等。⑨最後、気づかい「何もしないこと」。 …続きを読む
    mura_わくわく
    2020年09月26日
    96人がナイス!しています
  • 利他による信頼関係構築。”意識的”から”自然な”言動への変遷。これが「金」と「銀」の違いでもある。組織、個々人様々な価値での醸成。文化。業界、業種を問わず、また私生活でも同じ価値観という気がする。一方 利他による信頼関係構築。”意識的”から”自然な”言動への変遷。これが「金」と「銀」の違いでもある。組織、個々人様々な価値での醸成。文化。業界、業種を問わず、また私生活でも同じ価値観という気がする。一方、現在のビジネスに求められる”スピード感”。作りながら走る、走りながら作る・・・中、醸成も”前提”次第かもしれない。因みにANAは私の御用達。先日の出張時の機材トラブルによる沖縄緊急着陸時も、安全優先に最善は尽くしてる印象。今の時代、サービス業への期待の高さに応える姿勢には敬服。 …続きを読む
    thayami
    2016年08月30日
    50人がナイス!しています
  • ANAの気づかいは、「相手のこと」を想像する習慣、「一歩先のこと」を想像する習慣、と定義する。気づかいの相手は、お客様だけでなく、チームの仲間、上司や部下へと広がり、仕事の成果につながっていく。気づか ANAの気づかいは、「相手のこと」を想像する習慣、「一歩先のこと」を想像する習慣、と定義する。気づかいの相手は、お客様だけでなく、チームの仲間、上司や部下へと広がり、仕事の成果につながっていく。気づかいは例えば、時間を守ること、お客様をよく見ること、初対面ですぐに打ち解けるといったことだ。例の一つ一つは当然のように思えることだが、なぜ実践できている組織と、そうでない組織があるのだろう。おそらくANAは、気づかいを仕組み化して、文化を醸成するのに長けているのだろう。その技術の公開が社外で求められるほどに。 …続きを読む
    molysk
    2019年10月11日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品