恋読 本に恋した2年9ヶ月

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年09月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041032640

恋読 本に恋した2年9ヶ月

  • 著者 小橋めぐみ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年09月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041032640

笑い、驚き、涙する。飾らない言葉で綴られる、女優の日常と読書の関係

小橋めぐみの感性に、わたしは嫉妬を覚える――豊崎由美氏推薦!

NHK BSプレミアム「週刊ブックレビュー」「本の神様」出演。
本読み女優が綴る、初の読書エッセイ!

読書家として新たなフィールドに飛び出した女優・小橋めぐみ。
彼女のもととなる読書体験を感性豊かに魅力あふれる文章で紹介、
ついつい彼女が読んだ本を追っかけて読みたくなってしまう秀逸なエッセイ集です!

(まえがきより)
私のそばにはいつも、本があります。
読む時間がないと分かっていても、カバンにしのばせてしまうし、
読む本を忘れて出かけると、
まるでお守りを持つのを忘れたような気がして、落ち着かない。
積ん読状態になっていても、本屋にいけば、買ってしまう。
新聞や雑誌は、真っ先に読書欄をチェックしてしまう。

そこまで好きなのに、私はとても忘れっぽいです。
細かな内容はすぐに忘れてしまう。
覚えているのも、ときどきはあるけれど。
それでも、今まで読んだ本のあれやこれやで、私はできあがっていると思います。

もくじ

まえがき

2012 本の神様は、きっといる。
2013 東京←→京都

恋読の日常風景
特別インタビュー「読書熱の原点」 聞き手・豊崎由美

2014 食べて、祈って、読んで、読んで。
2015 明日、続きを読もう。

解説 豊崎由美

あとがきにかえて

2年9ヶ月の読書リスト


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

メッセージ動画


「恋読 本に恋した2年9ヶ月」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • とても素敵な読書エッセイ♡読書家の女優さんの小橋めぐみさんの初のエッセイ集!本当に本がお好きなのわかりますし、素敵な感性で読みたい本が増えました♪ウルウルくるお話もあり、とても良かったです*結構、海外 とても素敵な読書エッセイ♡読書家の女優さんの小橋めぐみさんの初のエッセイ集!本当に本がお好きなのわかりますし、素敵な感性で読みたい本が増えました♪ウルウルくるお話もあり、とても良かったです*結構、海外作品も読まれていて私はあまり知らないのでとても参考になりました!小橋さんが2年9ヶ月で読まれた作品の中では26作は既読でした!好きな作品多かったです♡「読んでいるとき、私は恋している。愛読よりも、恋読。」小橋さんと同じく私も「棺リスト」考えたりしますが大好きな作品多過ぎて困ります(笑)いい風が吹きますように★ …続きを読む
    ❁かな❁しばらくお休みします。
    2016年05月06日
    189人がナイス!しています
  • 恋読。素晴らしいタイトル。本を読むことが好きで、それ以上に紙の本が好きで、魂が消えた時は恋した本たちと一緒に棺に入りたい、一緒に灰になりたい…私も著者小橋めぐみさんと全く同じことを常々思っているので、 恋読。素晴らしいタイトル。本を読むことが好きで、それ以上に紙の本が好きで、魂が消えた時は恋した本たちと一緒に棺に入りたい、一緒に灰になりたい…私も著者小橋めぐみさんと全く同じことを常々思っているので、大いなる共感を持ちながら読みました。小橋さんの本に恋した2年9ヶ月の読書日記。一緒に過ごしたお祖母さまのこと、お芝居のこと、仕事で訪れる京都での日々、巡る季節に想いをのせながら大好きな本と寄り添う。その様子が読んでいてとても心地よい。選書も素晴らしく、紹介される本みな読みたくなってしまいました。嬉しい悲鳴。 …続きを読む
    かりさ
    2016年12月07日
    77人がナイス!しています
  • 女優さんと知らずに読み始め、ウイキペディアで検索までしたのに、本の中程に写真が掲載されてました。スラッとした美人さんです。そういった情報はともかく、書評が素晴らしくてファンになりました。感想を書く上で 女優さんと知らずに読み始め、ウイキペディアで検索までしたのに、本の中程に写真が掲載されてました。スラッとした美人さんです。そういった情報はともかく、書評が素晴らしくてファンになりました。感想を書く上で大事にしているのが「自分が本当にどう感じたかをきちんと書くこと」と言われているように、ご自分の生活(家族・仕事・友人・知人)の中で、本を読んで感じられた事を赤裸々に書かれているのに共感しました。お仕事柄、書きにくいのではと思われる事も正直に書かれていて、とても好感が持てます。読みたい本が大量に出ました。 …続きを読む
    ぶんこ
    2016年03月22日
    72人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品