角川文庫

遠野物語拾遺retold

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784044003227
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

遠野物語拾遺retold

  • 著者 京極 夏彦
  • 著者 柳田 國男
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784044003227

天女は舞い、天狗は駆け、狐狸が跋扈し、人の想いも空を翔ける――。

『遠野物語』が世に出てから二十余年の後――。柳田國男のもとには多くの説話が届けられた。明治から大正、昭和へ、近代化の波の狭間に集められた二百九十九の物語を京極夏彦がその感性を生かして語り直す。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「遠野物語拾遺retold」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『遠野物語』から20年余年、その間にも柳田のもとには多くの不思議な物語が舞い込んでいたようです。明治、大正、昭和と時代を経ていく中で、民俗学が再び目を引き、近代の闇に飲み込まれていくのは恐ろしいところ 『遠野物語』から20年余年、その間にも柳田のもとには多くの不思議な物語が舞い込んでいたようです。明治、大正、昭和と時代を経ていく中で、民俗学が再び目を引き、近代の闇に飲み込まれていくのは恐ろしいところですが。時代の間に語られた物語、鳥肌が立つものが多かったです。前作と合わせて読むべき1冊ですね。 …続きを読む
    優希
    2018年08月21日
    73人がナイス!しています
  • 京極さんにより現代人でも読みやすくなった『遠野物語拾遺』。『遠野物語』の再版にあたり付録として集められた話という事で、一つ一つはかなり短い。その分やはり『遠野物語』の方が迫力があり面白いのだが、この拾 京極さんにより現代人でも読みやすくなった『遠野物語拾遺』。『遠野物語』の再版にあたり付録として集められた話という事で、一つ一つはかなり短い。その分やはり『遠野物語』の方が迫力があり面白いのだが、この拾遺の興味深いところはその話のほとんどを柳田氏でなくその友人の佐々木くんが書き集めたという点である。『遠野物語』にも一役買ってる佐々木くんだが、拾遺の方は彼自身の作品と言っても過言じゃないと思う。物語や伝記として楽しめるのは本家の方だが、民俗学的にはこちらの方が良いかもしれない。「一緒にあべあべ」が怖い…。 …続きを読む
    みくろ
    2015年08月22日
    44人がナイス!しています
  • 怪談そのものの伝承、案外微笑ましいもの、論理的な解釈がつけられそうなものなど、さまざまな物語が詰まっていて楽しかった。オシラサマと付喪神系統の話が興味深い。こういう文章は、伝えられていくことこそが大事 怪談そのものの伝承、案外微笑ましいもの、論理的な解釈がつけられそうなものなど、さまざまな物語が詰まっていて楽しかった。オシラサマと付喪神系統の話が興味深い。こういう文章は、伝えられていくことこそが大事なのだろう。 …続きを読む
    佐島楓@勉強中
    2015年08月12日
    44人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品